日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

机を捨てる準備

現在、家で使っている机というのは、中学生の頃だったかに勉強机として買ったものだが、

勉強机として買ったと言う割には、食卓に置くような机だった。

手の込んだ勉強机よりもシンプルな方がよいだろうという判断もあったのかもしれない。

これ幸いと、そのまま引っ越して、半分を食卓に、半分にテレビやPCを置いて使ってきた。

ところが、木質ボードに化粧シートを貼った材質とあって、食卓として使い出すとして急激に劣化してきた。


そこで先月ぐらいに買い換えを決意した。

机を購入するということは、今ある机を捨てなければならない。狭い家ですから。

机を捨てるなら、あわせて他の大物も捨てようと考えた。

考えた結果、机と同時に椅子も買い換え、布団も捨てることにした。

椅子はそこまで悪くはないが、よりよいものへの買い換えを考えてもよいと考えていた。

冬用の布団は重い割に暖かくないという問題があったので、来シーズンあたりに買い換えも考えていた。

まだ買ったわけではないが、粗大ゴミでないと捨てられないので、このタイミングで捨てようと決意した。


どうしてまとめて捨てようかと考えたかというと、粗大ゴミの処理手数料の制度による。

回収する物ごとに手数料が決まっているのだが、1回収あたりの最低手数料が決まっている。

最低手数料に満たない場合の処理手数料は最低手数料に切り上げになる。

最低料金を超えれば、それ以上の処理手数料は切り上げも切り捨てもないんだけど。

机とあわせていくつか捨てようとなったのは、机だけでは最低手数料に達しないのではと考えたからだが、

実際には机1つで最低手数料に達したのだった。想定よりずいぶん高かった。


収集申込みをして、伝えられた分の金額の処理券を買ってきて、それを貼って出せばよいわけだが、

粗大ゴミの注意事項に、粗大ゴミの盗難に注意ということが書かれていた。

何が問題かというと、粗大ゴミ処理券は粗大ゴミの1つに代表して貼ることになっているのだが、

処理券の貼られた粗大ゴミが盗まれ、他が放置されると、市は残った粗大ゴミを「処理券の貼られていない粗大ゴミ」と認識することになる。

そのような場合であっても、粗大ゴミ処理券の台紙を保管しておけば、それを確認した上で回収してくれるらしい。

なので、むやみに粗大ゴミを放置しないことと、処理券の台紙は回収完了まで保管しておくようにと書かれている。

なんとも困った話である。


机と椅子は先週に家具店に行って購入手続きをしてきた。

もともと机は通販で探していたのだが、椅子は実際に座らないとわからない。

そこで家具店に行ったら、机が想定より安く買えて、椅子も気に入ったのが見つかった。

とはいえ、自力では運べないので、今週、運んでもらう予定ということで、購入したが未納入という状態だね。

その上で、2日後に今の机・椅子を粗大ゴミとして捨てるという算段である。

机にあるものをのけて、今の机をつぶして、新しい机を設置できるスペースを確保しないといけないので、けっこうやることは多い。


Author : hidemaro
Date : 2019/08/18(Sun) 23:58
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools