日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

柏原駅にICOCAがやってくる

2021年春に柏原駅にICOCAが導入されるようだ。

えっ、もうとっくに導入されてるでしょ?

いやいや、大和路線の柏原(かしわら)駅ではなくて、福知山線の柏原(かいばら)駅のことですよ。


北近畿エリアで「ICOCA」がご利用できるようになります! (JR西日本)

これまでJR西日本は特急が走る路線にはICOCAを積極的に導入してきた。

きのくに線(くろしお号)、伯備線(やくも号)は特急停車駅のみICOCAに対応という区間もある。

去年には近畿圏エリアと北陸エリアの間も埋まったので、サンダーバード・しらさぎの運行区間のほぼ全てがICOCA対応になった。

こうして特急運行路線でのICOCA導入を進めているのは、乗車券はICOCA、特急券はチケットレスという組み合わせをできるようにするためだろう。

そうなってくると、北近畿エリアもICOCA導入が想定されてしかるべきところだが、

2021年春に山陰本線の園部~城崎温泉、舞鶴線の綾部~東舞鶴、福知山線の篠山口~福知山、播但線の寺前~和田山にICOCAが導入されると発表された。

このうち、園部~胡麻と篠山口~福知山は全駅に導入、残りは特急停車駅のみ導入となる。

この結果、きのさき・まいづる・こうのとりの全区間、はまかぜ の大阪~城崎、はしだて の京都~福知山(京都丹後鉄道の区間以外) がICOCA対応になる。

利用者の多い区間はほぼカバーできるということかなと。


この図ではわかりにくいが、福知山線の篠山口~福知山の間に柏原(かいばら)駅がある。

この駅は丹波市の中心駅で特急停車駅である。この区間は全駅にICOCAが入るので強調されていないが。

JRには読み方の違う柏原駅が3つあって、区別のためにきっぷには「(福)柏原」と書かれる。

同じ読み方の駅の1つは冒頭でも書いた大和路線の柏原(かしわら)駅、こちらは「(関)柏原」と書かれる。

もう1つは東海道本線の米原駅から関ヶ原方面に行ったところにある柏原(かしわばら)駅、こちらは「(東)柏原」と書かれる。

同じ名前の駅を区別しないといけないなんていうのは、郡山駅とか福島駅とかたくさんあるけど、

いずれの読み方が違って、大阪府・兵庫県・滋賀県とそう遠くないエリアにあるのは特徴的である。


かつて、Jスルーカードの時代には大和路線の柏原駅は「カシワラ」と印字されていた。

スペースの都合もあって、Jスルーカード・スルッとKANSAIは独特な印字がされる駅があった。

中百舌鳥駅は「中もず」と書いた方が文字数が少ないからと、あえて かな表記 を使っていたとか。

ただ、柏原駅について言えば、カタカナ表記なのはスペースの都合ではなくて、他の柏原駅を意識していると思われていた。

もっとも他の柏原駅でJスルーカードが導入されることはなかったのだが。

その後、ICOCAの履歴印字にも引き継がれ、現在も大和路線の柏原駅は「カシワラ」と表記されているそうだ。


今年3月から、米原市の柏原(かしわばら)駅にもICカードが導入されたが、

この区間はJR東海管轄なので、TOICAとして導入された。

ゆえに米原駅や他の滋賀県・京都府への移動には使えないのだが。(cf. TOICAエリアが拡大したとしても)

TOICAエリアで「柏原」は1駅しかなく、ICOCAエリアで印字すると「JR海」と会社名表示になる。

いろんな意味で微妙なICカード導入だが、この時点でICOCAが使える柏原駅は2つになった。

そして2021年春には、福知山線の柏原(かいばら)駅がICOCA対応になるのである。

大和路線の方を「カシワラ」にしたのなら、こっちは「カイバラ」になるんだろうなぁ。


調べてみると、すでに2つの上道駅にICOCAが導入されていているそうだ。

1つは岡山市の山陽本線にある上道(じょうどう)駅、もう1つは境線の上道(あがりみち)駅で、

それぞれ「ジョウドウ」「アガリミチ」とカナ表記で識別しているそうだ。

というわけで、すでに先例はあったのだ。

もっとも、ICOCA導入駅が岡山市の上道駅だけだったときは、履歴表記は普通に「上道」だったそうだ。

それが今年になって境線にICOCAが導入されることになって、カナ表記に改められたようである。


同じ漢字表記だが、カナ表記にすれば区別できるってのがおもしろい話だ。

というか漢字も読みも一緒だったら、地域名を付けて回避しているケースが多いよね。

それをJスルーカードの時から予期してたってのが驚きだが、それが実るまでには20年以上を要している。

そして、当初予期してなかったところで、後からカナ表記に改めて解決しているというのはなんとも言えないが。

まさか境線の上道駅にICOCAが入るとは思わなかったんだろうけど。(当然、紙のきっぷでは区別していた)


他にこういうのあるのかなと調べてみた。すると、他にもあるんだよね。

JR西日本同士という点では1つ、阪和線の下松(しもまつ)駅(ICOCA導入済)と山口県・山陽本線の下松(くだまつ)駅(ICOCA未導入)が残っている。

山口県の下松駅もICOCAが導入されても不思議ではないよね。どういう形で入るかはともかく。

厳密にはJR西日本同士ではないのだが、無関係とは言えない組み合わせが2つありそう。

1つが香川県の高松駅(ICOCA導入済)と七尾線の高松駅(ICOCA未導入)、これもありそうなんだよね。

確かに一方はJR四国なんだけど、ICOCAエリアでの印字は単に「高松」のはず。さらに読みも一緒。

七尾線って金沢都市圏の通勤路線ですからね。なおかつ高松駅は特急停車駅だ。まぁ七尾線に入るなら全駅入るだろうが。

2つの高松駅はあまり知名度は高くないかも知れないが、けっこう混乱も多いとか。

もう1つがあいの風とやま鉄道の泊駅(ICOCA導入済)と山陰本線の湯梨浜町の泊駅(ICOCA未導入)だが、

こちらはあいの風とやま鉄道の駅は「AI富山」のように社名を付けているようなので問題はないか。

山陰本線の泊駅も米子~鳥取間にあるので、将来導入されうるような気もするが、特急停車駅のみなら除外される微妙なところですね。


JR他社では、JR東日本で根岸駅(根岸線(Suica導入済)と只見線(未導入))、大久保駅(中央本線(Suica導入済)と奥羽本線(未導入))、大沢駅(上越線(未導入)と山形線(Suica導入済区間の非対応駅))があるようだ。

JR東日本のSuica導入ペースを見る限りでは大丈夫そうだけどね。

奥羽本線の秋田~弘前~青森は特急ルートではあるけど、JR東日本は特急ルートだからSuicaを導入するという考えはあまりなさそうだし。

山形線もSuica導入済区間とは書いたけど、実態は仙山線(仙台~山形)のおこぼれですからね。単に福島と山形がSuica対応なだけ。

しかもこの区間は普通列車の本数が極めて少なく、新幹線直通のつばさ号はSuica使用不可だし、実態は無意味なんだよね。

実情からすると、JR西日本特有の問題と考えていいんだろうかね。高松以外は今の考えで乗り切れそうだけど。


Author : Hidemaro
Date : 2019/07/09(Tue) 23:59
交通 | Comment | trackback (0)

Tools