日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

ウェットシートで床掃除

最近、部屋の床がきれいにならないことが気になっていた。

掃除機をかければ、ゴミはなくなるのだが、なんか表面がべとついたり、ざらざらしているような。

そこでウェットシートを使って拭き掃除をすることを考えた。


やっぱりウェットシートというとこれでしょう。

クイックルワイパー 立体吸着ウエットシート (花王)

スーパーでもクイックルワイパーシリーズの取扱が多く、人気の高さがうかがえるが、

ところが困ったことに、クイックルワイパー本体が買えないのだ。

イトーヨーカドーでは日用品売り場に値札はあったのだが、品切れになっていた。


イトーヨーカドーと西友を見て回ったのだが、両店とも共通していたのは、

家具売り場にハンディワイパーの類を置いているのだが、ここには花王クイックルワイパーは置かれておらず、

日用品売り場には花王クイックルワイパーはあるが、それを取り付けるものはない(イトーヨーカドーでは値札だけあった)ということ。

家具売り場には汎用的なワイパー本体がいくつか置かれていて、それに取り付くシートも置かれているが、花王だけはない。

2つの売り場を回れば、クイックルワイパーのシートとそれが取り付く汎用的なワイパーを組み合わせられるのだが。


当たり前の事ながら、花王はクイックルワイパーのシートは専用の本体と組み合わせるように書かれている。

僕としても、多少高い程度ならばクイックルワイパー本体と組み合わせるのがもっとも効果的だと思ったのだが、

市内の大型スーパー2箇所あわせても売ってないということで、妥協せざるを得なかった。

汎用的なワイパーとクイックルワイパーのシートの組み合わせで使うことにした。

シートの性能をフルに引き出せないにせよ、他に売られているどのシートよりも花王クイックルワイパーの性能がよいのは明らかだったし。


持ち帰ってウェットシートと組み合わせて掃除をしてみた。

確かによく汚れが取れる。「掃除機をかけずにいきなり使ってもOK」とあるように、毛のような汚れもよく取る。

ただ、そういうところを掃除してると、すぐに汚れちゃうから、あらかじめ掃除機をした方が効果的かも知れない。

とはいえ、固形状の汚れも、そうでない汚れもわりとうまく取れている気がする。

やっぱり床にも拭き掃除は効果的なようだ。


ただ、こうやって掃除をしてみると、なおさら際立つのが表面のざらざら感と光沢のなさ。

よくよく考えてみるとワックスの効力がなくなってしまったのだろう。

ワックスの準備から塗り方 (リンレイ)

ワックスの耐久性は4~6ヶ月程度、って思ってたより短いな。

入居前にワックスをかけたのかはわからないが、現状、効果が失われていることは事実だ。

一方で、ワックスを塗るのにも今回購入したワイパーに専用のシートを取り付けて使うことができそうだ。

ワックスを塗るなら塗るで、よく掃除をしてからやらないといけないけど。


ところで、なんでこんなことが一人暮らしを初めて4年以上も経って問題になったのかという話だが、

去年8月に今の社宅に引っ越す前は床がカーペット敷きだったんだよね。

なので床の汚れはカーペットに吸われてしまって、掃除機で取れる汚れ以外はほとんど取りようがなかった。

引越前に家具を動かすと、陰に隠れていた部分と色が大きく違ったことからも、本当は汚れていたことがよくわかる。

引っ越してフローリングになったことで、汚れが取りやすくなり、結果として掃除機では取れない汚れが顕在化してきたということ。

フローリングであれば、ワックスという事前の対策もできて、水拭きという掃除方法も効果的に働く。

当たり前じゃないかと言われればそうなんだけど、引っ越すまではそうではなかったということ。


Author : hidemaro
Date : 2019/06/09(Sun) 23:30
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools