日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

内陸でも税関はある

昨日、国際宅配便のことをチラッと書いた(cf. 会社に届いた着払いも面倒)ときに思い出したのだが、

うちの職場から工場などに荷物を出荷する場合、

実際には成田空港から飛行機に載せられて飛ぶにもかかわらず、

一旦、成田とは逆方向にある工場へ運んで、そこで輸出手続きをして運ぶのが通常である。

特に急ぐ場合など例外もあるのだが、いろいろな事情を考慮してこうしているようだ。

工場には輸出入の専門家がいるので、そこを通すことで法令違反が発生しないようにしていると聞いたが。


だいたい聞いた話によると、勤務先はAEO事業者として税関から許可を受けている。

AEO(Authorized Economic Operator)制度 (税関)

原則としては輸出する貨物は保税地域で税関への申告をして、検査を受けないといけないのだが、

AEO輸出者として許可を受けると、自社の工場・倉庫で輸出申告を行い、その場で許可も受ける。

そして、そこから直接、保税区域に運び込むことができるそう。

この輸出手続きの体制が整っているのが工場に限られているので、工場に運ぶんだけど、

そこを通り過ぎれば、成田空港などに運んで、そのまま飛行機・船に搭載できるということ。


こんなことからもわかるけど、港・空港のある場所以外でも税関への手続きが行われることがある。

AEO事業者というのは新しい制度だけど、以前から港・空港から離れたところに保税地域が置かれることはあった。

保税運送という制度で、輸入手続き前の貨物や輸出手続き後の貨物を運ぶことができるんだよね。

税関は基本的には港・空港に対応して設けられているが、港や空港がない内陸にも税関はある。

そこには港・空港から離れた保税地域、インランドデポがあるということだ。


そんな税関ってどれぐらいあるんだろうと気になって、逆に港・空港ごとの税関のリストを発見した。

税関への問い合わせ先(開港・税関空港別)(税関)

ここに書いてない税関は内陸税関と考えてよいだろう。

でも、よく見てみると開港ではないが、明らかに港に対応している税関もあるから、そう単純ではないかも知れない。


おそらく、次の税関支署・出張所が内陸税関と呼ぶにふさわしいのではないか。

  • 函館税関 札幌税関支署 (ただし管内には留萌出張所・旭川空港出張所と港・空港を管轄する出張所がある)
  • 東京税関 立川出張所
  • 東京税関 前橋出張所
  • 東京税関 酒田税関支署 山形出張所
  • 横浜税関 宇都宮出張所
  • 名古屋税関 諏訪出張所
  • 名古屋税関 清水税関支署 浜松出張所
  • 大阪税関 京都税関支署
  • 大阪税関 京都税関支署 滋賀出張所

この一覧を見て、そういえば札幌って海に面してないなとか気づくけど、浜松って内陸だっけ? と思った人もいるかもしれない。

確かに浜松市は海に面していて、浜名港というのが存在するが、漁船中心で開港ではない。

この税関は浜松内陸コンテナ基地のために作られたもので、所在地が浜松IC近くであることからも、内陸の税関であることがわかる。

管轄区域は海に面しているので、海から出入りする貨物を取り扱うことがないとは言えないが、稀なことだろう。


京都税関支署は管内全域が内陸という唯一の税関支署である。

それどころか傘下に滋賀出張所(草津市)を持っているという。

京都が内陸の大都市というのもあるだろうけど、立地的にいろいろな港・空港が選べるのも理由かも知れない。

太平洋側では阪神港・名古屋港、日本海側では敦賀港・舞鶴港と、空港では関西空港と中部空港と、どれも便利ですね。


札幌も同じく内陸の大都市なのだけど、ちょっと複雑である。

確かに管内には留萌港と旭川空港があるが、札幌からの利用が多いわけではないはず。

札幌から利用の多い苫小牧港・小樽港・石狩湾港と新千歳空港は別の税関支署の管轄である。

一般的な役所でこういうのはないと思うんだけどね。

さすがに道庁がある札幌で「小樽税関支署 札幌出張所」とかでは格好が付かないと思ったのかも知れないが。

もちろん内陸でもそれなりの業務量はあるんでしょうけどね。


内陸の税関というのはそれなりの実績が積まれないと設置されないものだそう。

山梨(甲府市)・太田・三条燕(三条市)・岐阜・長野には政令派出所というのがあるが、

派出所を利用する保税蔵置場が手数料を負担して、税関職員を派遣してもらっているという扱いらしい。

内陸の税関の多くは派出所での実績を積んで出張所になっているそうだ。

だから、内陸の税関があるところは、それだけの利用者がいることが確認されているということ。


そう考えると、立川市に税関があるのはけっこうすごいのかもね。

管轄は東京都多摩地域と埼玉県の所沢市を中心とする地域、工場や物流拠点が多いのは確か。

東京税関の本関からそんなに離れた地域でもないのだけど、それだけに業務量の多さがうかがえる。

管内には一般の空港ではないが、横田基地(福生市)での税関手続きも担当しているよう。

うちの住所地を管轄する税関だが、税関は住所地で手続きするものではないので、これといった用事はないだろうけど。


Author : hidemaro
Date : 2019/05/11(Sat) 23:30
社会 | Comment | trackback (0)

Tools