日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

梅田のデッキレベルを歩く

今日は大阪に行って、国立国際美術館に行ったのだが、

入口で友の会の会員証を見せようとすると「今日は無料観覧日ですので」と。

そうか、今日は天皇陛下の即位を祝っての無料観覧日だったのか。

でも、コレクション展だけだよね、と思ったらまさかの特別展まで無料観覧だった。

特別展の無料観覧とか、ほとんど聞いたことないし、他の国立美術館ではそこまではやっていないらしい。


中之島から歩いて梅田界隈へ向かった。

これといった目的はなかったのだが、地下鉄でそのまま去るのも惜しかったので。

建設中のヨドバシ梅田タワーを見ながら、流れでグランフロント大阪に入った。

うめきたの先行開発地区としてオープンしたグランフロント大阪だが、今で6年らしい。

まだ、残りの地区は工事中か更地だけど、街開きが2024年だから、あと5年ですね。

けっこうかかる気もしたが、先行開発地区は梅田貨物駅が廃駅になる前から着手していたところで、

梅田貨物駅全体が廃駅になったのがグランフロントの開業と同時期だそうだから、そんなもんなのかもね。


グランフロント大阪を去るときに、そういえば、阪神百貨店の場所が変わってたなと思い出した。

阪神百貨店は隣接する新阪急ビルとともに建替を進めていた。

手順は次の通り。

  1. 新阪急ビルと大阪神ビルの東側を壊しながら、阪神百貨店は大阪神ビルの西側で営業を継続する
  2. 壊した跡地に新ビル(大阪梅田ツインタワーズ・サウス と命名)の半分を建てる
  3. 半分完成したビルに阪神百貨店が移転し、大阪神ビルの残りを壊す
  4. 新ビルを全部完成させる

現在は3.の段階まで進んでいる。これにより阪神百貨店の場所は東に移転した。

ちなみに、「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」があるならノースがあるのかという話だが、

これは阪急百貨店の入る梅田阪急ビルのことで、サウスの完成後に改名する予定とのこと。


グランフロントの2階からならデッキレベルで阪神百貨店に移動できるだろうと試してみた。

梅田の地下はあっちこっちと移動したことはあるが、意外とデッキレベルで南北を動いたことはなかった。

まずは、グランフロント大阪からJR大阪駅北側へ。

なんといってもヨドバシカメラへの連絡橋ができたのが近年の大きな変化である。

そのままJR大阪駅に入って、連絡橋口に上がって通り抜ける。

そこから1階降りると、サウスゲートビルの3階レベルなので、さらに1階降りると南側のデッキレベルになる。

そこからは歩道橋(梅田新歩道橋)を渡ると、阪神百貨店に着く。同様に阪急百貨店にも行ける。

歩道橋から見ると、阪神百貨店を半分ずつ建て替えているのがよくわかる。


というわけで、地上からデッキレベルを歩いても到達できたが、これはこれで複雑だ。

連絡橋口ができたので、線路を越えることができたが、それまではそもそもできなかった。

だから、見えているのに移動できないということが起きていたということ。

地上に降りればという話ではあるが、デッキレベルと行き来する階段がわかりにくかったり、

あと梅田界隈の道路は横断禁止が多く、地上に降りても救いにならないことは多かった。

わかっている人にはなんとでもできる話だが、地下のサインに従って歩く方が意外に楽かも知れない。


俗に梅田地下街と言われるが、3つの地下街、5つの地下駅、数多のビルの地下階が複合したものである。

複雑なことに違いはないが、おおむね縦横無尽に移動できるようになっている。

これはありがたい話で、というのも地上に出るとかえって移動に制約が出てしまうからである。

例外が御堂筋線中央改札~北改札間ですかね。ここだけは地下通路がないから。

地下を歩き続けると不安になってくるけど、そこは信じて歩けば。


そうやってたどりついた阪神百貨店だが、半分だけ建てたビルに詰め込まれているのでちょっと窮屈。

ビル全体が完成したら、広々使えるようになるんだと思うけど。

複雑なのが地下1階で、一時閉鎖したスナックパークが飛び地になっている。

というのも、もともと大阪神ビルと新阪急ビルの間には道路があって、これをまたいでビルが建ったのだが、

道路の下には地下街(ディアモール)があって、それは変わっていないので地下街でビルの地下階が分断されている。

これは、暫定的なものなのかな? 恒久的なものなのかな?

ただ、こういうスペースも活用することで、スナックパークを早期に復活させることができたのは確かかなと。


梅田からはバスに乗って上本町六丁目まで。

一般的によく使われるものではないが、僕にとってはおなじみのルート。

大手前あたりの景色が変わった気がしたが、大阪国際がんセンターが移転してきたかららしい。

上町筋沿いでもいろいろあるのね。


Author : hidemaro
Date : 2019/05/01(Wed) 23:09
日常 | Comment | trackback (0)

Tools