日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

休憩時間以外はセンシティブ

新しい勤怠システムを4月から使うという話を先日書いた。

新しい勤怠システムがやってくる

最初はシステム運用にいろいろ問題があったが、4日目にして正常化した。

まぁそこまで大きな問題はないと思うが、慣れるまでは細々とした問題は発生しそう。


始業・終業時刻や休暇の入力は、基本的には従業員が自己申告して、これを上司がチェック、必要に応じて補正する。

参考情報としてPCのログイン・ログオフ時間との比較を行っているのだが、

勤怠の実績とズレることは想定されているので、差が大きい場合はコメントを付けることができる。

この考えは新旧の勤怠システムで差はない。


ただ、グループ会社の中で工場をメインとする会社は、運用に多少の差があるようだ。

この会社の人でも、PCで勤怠システムにログインして、勤怠事項を入力できれば同じなのだが、

工場で働いている人の多くは、自ら勤怠システムにログインして勤怠事項を入力しにくい。

そんなこともあって職場に出退勤時刻を登録する機器が設置されている。

普通に勤務する場合は、この装置で出退勤を登録しておけば、それで問題ないようになっていた。


従来の勤怠システムでは、この装置で登録された出退勤時刻を15分単位で丸めるなどして勤怠事項を生成していたそう。

ただ、これが勤務の実態に合っているとは限らないので、こうやって生成された勤怠情報が実態と合わない場合は、

上司に伝えて、補正してもらうようにとも書かれていた。

この勤怠システムで入力できる勤怠事項はかなり限られているので、上司の補正に期待する部分は大きかったようだ。


この考えは新しい勤怠システムでも変わっていないのだが、15分単位に丸める処理はやめたようだ。

といっても、定時出勤・定時退勤ならば、ほとんど差はないようだ。

というのも始業時刻の前と終業時刻の後には休憩時間があるので、

この間に出退勤時刻の登録があっても、休憩時間にかかる部分は勤務時間にカウントされない。

例えば、9時始業・17時30分終業で、前後15分が休憩時間に設定されていると、

8:52出勤、17:36退勤と登録されていても、休憩時間分をカットして、9時~17時30分で勤務した扱いになる。


問題は時間外にかかる場合で、この場合は休憩時間で終わるとは限らないので、

8:52出勤、18:48退勤という登録は退勤時刻はそのまま登録され、17:45~18:48で1時間3分の時間外労働としてカウントされるのだろう。

これが実態に合わなければ補正するだろうが、実態と大きな差がなければそのままだろう。

自己申告で勤怠事項を登録する場合、これは18:45退勤として登録するだろう。

上司からの指示も本人の認識も1時間の時間外労働のはずだから。


新しい勤怠システムになるまで、所定始業時刻前の休憩時間のことは意識してなかった。

トライアル期間に、在宅勤務で6時間弱の勤務時間を午前中に全部寄せたときの勤怠を入れると、

なんか時間がずれてしまうので、確認してみると休憩時間が差し引かれていたことで気づいたんだけど。

以前の就業管理システムでは、休憩時間という概念がなく、フレックスタイム入力時には手で休憩時間を差し引いて入れていた。

気になって就業規則を見てみたのだが、フレックスタイムで始業時刻が変えた場合は休憩の取り方を変えることができるので、

この場合は勤務時間が6時間未満なので、休憩を取らなくても問題ないので、休憩時間を消せばOK。

逆に、勤務時間が6時間に達すれば昼休みがなくても昼休み相当の休憩が必要だし、1日の所定労働時間に超えると定時後の休憩相当が必要になる。


ちなみに4月からフレックスタイムのコアタイムが制度上は廃止になった。

これによって勤務時間中、いつに中抜けしてもフレックスタイムで処理できるようになった。

中抜けってフレックスタイムになる?

もちろん、中抜けには上司の承諾を得る必要があるが。

従来の勤怠システムでは中抜けを実態に即して勤怠に登録するのは難しかった。

中抜けがコアタイム内の場合は、私用外出として減給対象になっていたが、減給単位が時間単位なので、1時間単位でしか入力できなかった。

コアタイム外の場合は、フレックスタイムで処理できたが、中抜け時間を登録する仕組みがなかったので、不自然な入力になっていた。

今後は休憩時間に中抜け時間を追記することで、自動的にフレックスタイムの計算が行われる。

あと、私用外出で減給になる場合も、1分単位で減給できるようになるようで、1時間単位でしか入力できないという制約はなくなる。

あえて減給を選ぶ人がどれぐらいいるかという話だけど。(時間単位有給休暇ができる以前はあったかもしれないけど)


Author : hidemaro
Date : 2019/04/04(Thu) 23:10
日常 | Comment | trackback (0)

Tools