日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

☆2はそこまでではなかった

バンドリ! ガールズバンドパーティ(ガルパ)をやり始めた話を書いた。

ガルパで遊ぶ

はじめはメンバーが整っていないが、そうはいってもそれなりにやるしかない。


その昔、モバマスことmobage版アイドルマスターシンデレラガールズをやり始めたときには、

最初は即特訓でもいいからレアアイドルを育てなさいといわれたものである。

モバマスではノーマル・レア・Sレアの3つのレアリティがあり、有償ガチャではレアかSレアが引ける。

ガチャで引けるSレアは強いが、入手するのが難しいし、最大レベルが高いので育てるのも大変だ。

一方でレアはフリートレードでも比較的安く入手でき、育てるのも簡単だ。(僕が始めた頃はレアアイドルも強いのは高かったが)

数が揃わないうちは、まず育てやすいアイドルを育てようということである。

即特訓というのはLv1のアイドル同士で特訓(他のゲームでは進化とか合成とか言われているもの)を行うことで、

最終的なパラメータは1割ほど落ちるし、取り返しも付かないが、育成にかかる手間が減らせるから、安いレアアイドルなら惜しくないということ。

2枚以上のカードを合成するのは今どきのゲームではやらなくなったと聞いている。(後で出てくるガルパの特訓は全く違う)


ガルパでは☆の数でレアリティを表し、☆1から☆4まである。

ガチャで出てくるのは☆2以上だから、まずは☆2のメンバーを重点的に育てた。

それで育てきったときに気づいたのだが、特訓できるのが☆3以上のメンバーだけだったらしい。

ここでいう特訓はレベルMaxになったメンバーに「かけら」というアイテムを使うことを指している。

特訓するとパラメータが加算され、なおかつレベル上限が10上がるのだが、☆2以下はそういう仕組みが無い。

その結果、☆2と☆3の最終パラメータが1.7倍ぐらいの差がある。

☆3と☆4の最終パラメータの差は15%ぐらいなので、そこまでではないが、☆2と☆3の差は埋めがたい。


それでもパラメータに対して、そこまでシビアでないゲームならよいのだが……

その昔は協力ライブのマッチングでスコアが稼げそうにないと切断が横行していたほど。
(cf. 切断オンラインと化したバンドリの協力ライブについてのアレコレ (ゲームについての諸々))

今は切断のペナルティが重くなったり、高いスコアを狙う人のためのマスタールームができたりで減ったようだが。

とはいえ、高いスコアを狙うなら、高いパラメータやスコアアップの狙えるスキルを持ったメンバーを集めることがなにより重要なことは変わらないだろう。


このあたり、ガルパに似ていると書いた、アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)はずいぶん違うんだよね。

デレステではノーマル・レア・Sレア・SSレアの4つのレアリティがある。有償ガチャではレア以上が出る。

このゲームでは難易度ごとに「目標アピール」というのが設定されているが、これはスコアランクSを獲得する目安となる数字だ。

目標アピールを超えて、平均的なプレイでクリアすれば、最高ランクが取れるので、これ以上のステータスはあまり重要ではない。

だいたい、レアのみの編成でもPROまでなら目標アピールが確保できる計算である。MASTERだとSレアは必要だろうが、SSレアまでは必須ではないはず。

自分のユニットのアピール値あるいはリズムゲームの実力に応じた難易度を選べば、スコアランクSは確実に取れるし。

(自分の実力以上の難易度を狙うとなると回復とかライフとかに気を配る必要はあるが)


一方で、モバマスもデレステもたくさんのアイドルを育てる必要はあるという事情もある。

モバマスではバックメンバー、デレステではサポートメンバーと言っているが、編成に含まれないアイドルのパラメータが加算されるんだよね。

デレステではフロント5人に対して、サポートメンバーは残るアイドルから自動的に10人が入る。

この仕組みから、フロントではSレア以上が主力でも、サポートではレアが活躍しているなんていうこともありえる。

バックメンバー・サポートメンバーのことをそこまで意識することはないのだが、第一線を退いたように見えても、実は活躍しているということはある。

その点でも、まずは育てやすいところから育てて、そこから本当に強いのを手間をかけて育てるということに合理性があると。

確かにこういうゲームは珍しいかも知れない。


ガルパも☆3と☆4については、パラメータ的にはそこまで差がないので、

まずは育てやすい☆3からというのは成り立つだろうけどね。

イベントでは特定の属性・キャラクタに補正がかかることがあるので、☆3でも長く活躍できそうだ。

ただ、☆2は想像よりずっと重要性が低くて期待外れだった。


Author : hidemaro
Date : 2019/03/11(Mon) 23:50
日常 | Comment | trackback (0)

Tools