日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

ハードルが高い役の引き継ぎ

以前、「BanG Dream!」のバンド「Roselia」について「泣きっ面に蜂」と書いた。

廃業せずに続けてくれたからこそ

キャラクタを演じて、かつ楽器を演奏していた声優2人が相次いで役から降りることになったからだ。

いずれも代役が決まって、今年1月のTVアニメシリーズからは完全に交代している。


この交代というのが条件の悪いことだらけで、楽器の演奏ができる必要があるのに、前任者がいるのにキャラクタの声も引き継ぐ必要がある。

Poppin'Partyの場合、おそらくはキャラクタは後付けだろう。演じる人が決まって、それに応じて決めたと。

キャラクタを演じるといっても、これまでキャラクタを演じた経験のない人だっていた。

Roseliaの場合、一応はキャラクタは先にあったらしいのだが、それだって役が決まってから肉付けされた分もあるだろう。

あと、当初の5人は役が決まってから、Roseliaのお披露目まで練習する期間はあった。といっても半年ぐらいですけどね。

Roseliaはほとんど楽器経験のない人だったが、この間に仕上げることができた。

これと比べると、Roseliaに後から入った2人は、すでに存在するばかりか声まであるキャラクタを引き継ぎ、短期間で楽器の演奏も引き継ぐ必要がある。

果たして、そんなことできる人がいるのだろうか。


短期間で楽器の演奏を引き継ぐには、やはり楽器経験者が求められたようである。

まず、今井リサ(ベース担当)については、遠藤ゆりかさんが2017年12月に引退を発表した。

そして、2018年5月を最後に役から降り、同時に中島由貴さんが引き継いだ。およそ半年だね。

中島さんは2015年ごろから声優・歌手として活躍していた。そしてベース経験者だったらしい。

このちょっと前から少しずつ注目を浴びるようになっていて、そんな中で得た大役だった。

ゲームの新規ボイスは即時に引き継ぎ、過去分は10月に差し替えとなっている。TVアニメでも2018年6月からの「ガルパ ピコ」から引き継いでいる。

変更前後で聞き比べると、確かに違うんだけど、そこまで違和感はない気がする。


白金燐子(キーボード担当)については、明坂聡美さんが2018年6月末に突発性難聴のため降板を発表した。

といっても、すぐ全て降りたわけでもない。演奏は同9月のイベントを最後に降板してるが、キャラクタの声は最近までやっていた。

TVアニメ「ガルパ ピコ」は去年12月の最後回まで明坂さんがやっていたし、ゲームの方はまだ変更されていない。

というのも、9月のイベントを最後に降板したと書いたが、この時点ではまだ代役は決まっていなかったのだ。

それが決まってお披露目されたのが11月のイベントで、このとき志崎樺音さんが引き継ぐことが発表された。

志崎さんはピアノ経験が豊富で、音楽大学の卒業生、ということで楽器の演奏についてはスムーズに引き継げたのだろう。


とはいえ、志崎さんはこれまで声優としての経験がなかったはず。

当時、ガルパ ピコが放送中だったこともあって、実質的なキャラクタの声のお披露目は今年1月のTVアニメからだった。

楽器の演奏も声のお芝居もよく考慮した上でのキャスティングだろうが……

そうして迎えたTVアニメ第1話、見ていたけど、さっそくそれなりに出番があった。

見て思ったのは、声は大きく変わったなということ。でも、これはこれで燐子に合っている気がする。

まだちょっとだけだけど、最初の印象としてはそんなもの。


どうしても前任者がいると、声を比べられてしまうので分が悪い。

最近はキャラクタに最初から声が付いているものも多いし、Bang Dream!のキャラクタは基本的にそうだったが……

漫画とかでキャラクタがいるところに、声が付くというのはわりとよくあるケースなのかなぁと。

すでに確立されたキャラクタに合っているかというところが問われるところである。そこは役者の腕の見せ所だろう。

そうして得られるものって演じる人によって多少なりとも違うはず。

同じキャラクタを違う人が演じているのを比べてみると、同じにならないのは当然なんだよね。

でも、今まで聞いてきた声と比べてしまうのも実情なんだよね。


それをよくもこれがデビュー作という人に任せるなぁと思うんだけど、

そこには楽器演奏が必要で、キャスティングに要する時間を含めて半年程度で引き継ぐという厳しい条件がある。

楽器だけなら、声だけなら、いろいろ選択肢もあるだろうが、この両方をうまく満たせる人は限られよう。

そんな中でこれが最適な選択だったのかなと、キャスティングの苦悩を想像する。

演技経験は乏しいけど、練習を積めば十分と見込まれたのだろう。


そんなこんなんで混乱が続いた2018年だが、2019年になって新TVアニメシリーズも始まった。

Roseliaは2017年に放送されていたTVアニメシリーズでも出番があったが、当時はRoseliaは出てきたばかりで、出番もそこまで多くはなかった。

今回はRoseliaの5人もメインキャラクタに位置づけられ、出番も多くなるだろう。

今年2月には日本武道館でのライブイベントも予定されている。今年これだけで終わるとは思えんよなぁ。

当初からいる3人も、新しく加わった2人も、たいへんな期待を寄せられているところである。


今年放送開始した新TVアニメシリーズだが、どうも3DCGを多く取り入れて作られているらしい。

もともと演奏シーンは3DCGを活用してきたので、その他のシーンでも活用していこうという考えがあったのだろう。

演奏シーンと連続性があるのは、確かにメリットだなと思った。そんなに簡単な話でもないんだろうけどさ。


Author : hidemaro
Date : 2019/01/12(Sat) 22:02
日常 | Comment | trackback (0)

市場のターレのナンバープレートはなに?

朝にテレビで豊洲市場のターレの整備をする人が紹介されていた。

ターレというのは市場内で荷物の運搬に使われる運搬車、ターレットトラックの略ですね。

卸売市場や倉庫などで一般的に使われるものらしい。


豊洲市場と書いたが、東京都中央卸売市場を構成する11場の1つで、旧築地市場の機能を引き継いで昨年開場した。

大規模な市場の引越というのはなかなか大変なものだが、そこで1つ話題となったのはターレやフォークリフトの引越だ。

これらの車両は自走して引っ越していった。移動距離は2km、これらの車両の大半は公道を走れる車両だから、これが一番手っ取り早かった。

ただ、公道を走れるといっても、速度が出ないので、これらの車両の引越の時間は車両規制を行ったのだった。

こうして、これらの車両は豊洲市場でも活躍しているわけである。


ところで、市場で使われているターレは公道を走れると書いたが、小型特殊自動車としてのナンバープレートが取り付けられているから。

ただ、ナンバープレートを付けている目的は必ずしも道路を走行するためではない。

どうも道路を走行しない軽自動車・小型特殊自動車も軽自動車税の課税対象らしく、必ず申告する必要がある。

申告するとナンバープレートが交付されるので、自賠責保険に入れば公道を走ることはできる。

もっとも、軽自動車税が課税されないとすると、償却資産として固定資産税を納める必要がある。

固定資産税の税率は償却資産の評価額の年1.4%なので、農耕用以外の小型特殊自動車の軽自動車税(年4700円または5900円)の方が安いだろう。

実はその点では軽自動車税というのは作業用車両にとってはありがたい税金で、

小型特殊自動車の範囲を出て、大型特殊自動車になると軽自動車税も自動車税も対象外なので、ナンバープレートの有無によらず固定資産税が課税される。


映像に映っていたターレには緑色のナンバープレートが取り付けられていたのだが、変なのが「中央区」と書かれていたこと。

中央区は旧築地市場の所在地である。だから築地市場で使われているターレに中央区のナンバープレートが付いているのは不思議ではない。

ところが、引っ越したことで使用場所が豊洲市場の所在地の江東区に変わったので、本当は江東区のナンバープレートを付けなければならない。

使用場所が変わった場合、速やかに申告を行って、ナンバープレートの交換を行う必要がある。

申告しないまま放置されると、軽自動車税の納付先が変わってしまう。特に軽自動車税は市町村単位ですからね。

撮影されたのが引越直後で間に合っていなかっただけかもしれない。猶予は15日しかないけど。


あと、もう1つ、あれ? と思ったのがナンバープレートに「中央区」としか書いてなかったこと。

「中央区」というのは行政区には他にあるけど、市町村相当の中央区は東京都にしかないので問題ないのかな。

政令指定都市で発行されるナンバープレートは「さいたま市 中央区」のように行政区の名前を入れたものある。

ただ、根本的には市町村の名前が書いてあればよいので、指定都市でも単に「札幌市」のようなものもある。


そもそも同じ名前の市町村のナンバープレートってどうなってるんだろう。

そこで調べてみたところ、東京都府中市と広島県府中市のナンバープレートが見つかった。

オリジナルナンバープレート製作発表会が行われました (東京都府中市)

広島 府中市の 原付ご当地ナンバーデザイン決定!オオムラサキがモチーフ (食べタインジャー)

どっちも単に「府中市」って書いてあるね。てっきり「東-府中市」「広-府中市」とか書いてあると思ったんだけど。

なんで、こう思ったのかというと、茨木市のナンバープレートで「大-茨木市」と書いてあるのを見たからかもしれない。

大阪府ご当地ナンバープレート紹介・一覧#茨木市 (原付のご当地ナンバー)

かつてはお隣の高槻市も「大-高槻市」という表記を採用していたらしい。茨木市も高槻市も大阪府以外にはないのだが。


ってことは原付のナンバープレートって一意性がない可能性があるのでは?

と思って調べたところ、わかったのは原動機付自転車・小型特殊自動車のナンバープレートは「課税標識」とも呼ばれ、

市町村が軽自動車税の課税のために発行しているものに過ぎないということ。

「課税標識」は各市町村が条例で定めて発行しているので、市町村ごとにデザインが違ってよい。(だから絵入りのナンバープレートが多くある)

50cc以下が白色、90cc以下が黄色、125cc以下が赤色、ミニカーが水色、小型特殊自動車は緑色というのも全国的なルールではなく、違う市町村もあり得るらしい。

こんなことすら全国的なルールではないことからしてわかるが、全国で一意であることは必ずしも期待されていないようだ。

現実問題として、東京都府中市で登録された車両が、広島県を走ることは極めて稀だろう。

同じ地域圏で同じ町村があれば考慮されたことはあるようで、かつて群馬県に3つの東村があったときには、郡名で識別できるようにしていたらしい。

あれこれ・原付#同名市町村 (ナンバープレート情報局)


なんか変なことだらけだけど、小型特殊自動車ってそういうもんなんだね。

ナンバープレートに全国的なルールはないというのは衝撃だったが。


Author : hidemaro
Date : 2019/01/12(Sat) 00:59
社会 | Comment | trackback (0)

Tools