日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

レンタルアップ品は安い?

職場で家庭用にPC買いたいなぁという話をしている人がいた。

それで「レンタル業者の特別販売の広告貼ってあるよね」ということが話題になった。

レンタル業者の特別販売


さすがに、僕が購入したときほど安い商品はなかなかないのだけど、

新品価格に比べればはるかに安く、それなりの性能を持ったノートPCが買えるように見える。

特にCPU性能を見て「値段の割にはかなりいいな」という感想を言っていた。


しかし、問題もあるわけである。それはレンタルアップ品なので、少し古いという話である。

今、特別販売に並んでいる商品はWindows 7 または Windows 8.1なんだよね。

ただし、Windows 8.1となっている商品の大半は、ダウングレード権を行使してWindows 7にしているわけだが。

Windows 10は皆無となっている。まだWindows 10のPCがレンタルから戻ってくる状況ではないわけである。

ところがWindows 7は来年1月にサポート期限が切れるのだ。


この問題の解決策としてはWindows 10へのアップデートを行えばよい。

Windows 8世代のPCであれば、ハードウェア的にはWindows 10への対応は可能だろう。

この方法としては、Windows 10を購入するというのが真っ当な方法だが、そのためには2万円前後かかる。

すでにWindows 10への無償アップデートは終了しているのだが、過去に同じハードウェアのPCでアップデートライセンスを獲得できていれば、

その無償アップデートに相乗りして、今でもアップデートができる場合があるが、正攻法とは言えない。


と、Windows 10の価格を加えると、果たして安いのかという話である。

長期にわたって利用することを考えると、新品で購入した方が有利なのではとなりかねない。

法人向けレンタルで使われていたという背景や、信頼のおけるレンタル業者(だと思っている)であることを考えれば、

そんなに悪いものでもないと思うが、Windows 10世代は皆無で、それを無視できるほど安くもないですからね。


以前も書いたけど、このレンタル業者は基本的にレンタルアップ品の販売は法人向けにしか行っていない。

個人向けの販売は特別な取扱である。(といっても他の取引先でもやってそうだけど)

果たして、こういう中古PCを誰が買うんだろう? というのはちょっとした疑問なんだよね。

安いのは確かで、この値段だと償却資産になることはなく、消耗品扱いで購入できるのはメリット。

ただ、一方でもはやサポートを受けることはできないなど、可用性という面では少し疑問がある。

それでも問題ない用途も多少はあると思うんだけど、そんなに多いとは思えないんだよね。


レンタル業者のWebサイトを見ると、PCの長期レンタルのメリットの1つとして、PCの廃棄を考えなくてよいことが書かれていた。

レンタル業者では回収したPCを、他の人に貸すか、中古販売するか、廃棄するかという3つの選択肢を持っている。

他の人に貸すのはレンタル業者特有だが、PCのライフサイクルを考えると長期レンタル満了後に他の人に貸すのは難しいだろう。

となると、中古で売るか、廃棄するかということだけど、どちらを選ぶかはレンタル業者の自由である。

中古で売る場合、再商品化の費用はかかるが、売れればお金になる。廃棄の場合、リサイクル費用がかかる。

中古販売のノウハウもあるのはレンタル業者の強みだろうか、とはいえ売れなければどうにもならない。

中古で売れるものもあれば、廃棄するものもあるということなんだろうけど、全体として正当な対価を得ているんでしょうね。


Author : hidemaro
Date : 2019/01/10(Thu) 23:57
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools