日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

セットリストを公開しているだけ

アニメ・ゲームの音楽に特化した定額配信サービス、ANiUTa(アニュータ)はいろいろな機能があるが、

その1つがライブのセットリストのプレイリストを公式に公開している。

提携している歌手・作品に関係するものに限られているが、

参加した人にとってみれば振り返りに使えるし、参加していない人にとっては雰囲気をつかむのに使える。


もっとも、これが成り立つためには歌った曲の大半がANiUTaで配信されている必要がある。

じゃないと歯抜けばっかりになりますからね。

そういう歌手・作品でなければ、セットリストをANiUTaで公開しようとはならないだろう。

それでも実際のところ、全曲漏らさずにANiUTaに入っているのは稀だろう。配信前の曲が入っているとかね。


セットリストというのも1つの創作物かなと思うけど、単なる曲目リストなので、参加者も悪気なく漏らしている。

公式に公表するケースもあるけど、公開されないケースの方が多い気はする。

もっとも雑誌に掲載されたり、後にパッケージ化されれば、その収録リストで公開されるし、

そんなに秘密と言うほどのものでもないのだけど。

複数公演ある場合にネタバレ防止のために全部終わるまでは秘密にしてねと依頼するケースがあるぐらい。

少なくともANiUTaで公式に公開されているものは、許諾を得た上で公開しているものなので、何も問題はないが。


こういうことって他のサービスでもあるのかなと思ったら、Spotifyでプレイリストを共有できる機能を使って、

外部で実現しているのはあるが、定額配信サービス自体がこういうことをやっているのは珍しいのかな。

参加者にANiUTaを使ってもらうきっかけにしたいというのと、ANiUTa利用者をライブに送り込むきっかけにしたいという両面があるのだろうと思う。

どれぐらい効果があるのかはわからないけど、すぐに振り返れるメリットは確かにあるなと思った。

ただのリストに再生できるという意味が加わっていることの意味はやっぱりあるんじゃないかなと。


Author : hidemaro
Date : 2019/01/02(Wed) 23:51
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools