日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

できるだけマイナンバーカードを長く使いたい

そろそろマイナンバーカードの申請の準備を始めるかと、

以前、転居届を出しに行った時に市役所でもらってきた申請書に記載していた。

誕生日を迎えたら差し出す予定だ。


現在持っている住民基本台帳カードの有効期限が来年9月に切れる。

10年も持っていると、印字されている写真がぼけてきている。

住民基本台帳カードの印字ってあんまりよくなかったんだよね。

こんなカードだけど、本人確認書類としての使用頻度は現在も最も高い。

住所などを市町村が直接証明しているというのは他の本人確認書類にはない長所である。

特に転居の時はものすごく便利だった。(cf. 朝は市役所から)


マイナンバーカード(個人番号カード)は明確に住民基本台帳カードの代替として2016年より発行されているものだ。

なので、マイナンバーカードの発行を受けるときに、すでに住民基本台帳カードを持っている人は返却しないといけない。

父はそれで有効期限のはるか前に住民基本台帳カードを返却して、マイナンバーカードの発行を受けたようだけど。

マイナンバーカードになって機能も増えたのは知ってるけど、どうしても今すぐ欲しいわけじゃないから先延ばしにしてきた。

そこで当初から住民基本台帳カードの有効期限が切れる前の誕生日を目安に作ることを計画していた。


なぜ誕生日なのかと言えば、マイナンバーカードの有効期限は発行日から10回目の誕生日だから。

誕生日の直後に作るのが、もっとも有効期限が長くなるということだ。

運転免許証も誕生日が基準になっている。(3~5回目の誕生日の1ヶ月後が有効期限)

僕の誕生日は12月19日だけど、それでできるだけ有効期限が長くなるように、自動車の運転免許を12月の冬休みに取得しにいったものである。

ここをターゲットにしていたから、夏休みから自動車学校に通い始めたが、多少引き延ばしながら秋頃に卒業としたのである。

それと同じことがマイナンバーカードにも言えるということ。


有効期限の基準となる発行日というのは、こちらで明確にコントロールできるものでもない。

マイナンバーカードは市町村が発行するものだが、実務は地方公共団体情報システム機構に委託されている。

住民基本台帳カードのときは市町村がそれぞれ発行をしていたが、それゆえに市町村ごとにカードに多少の差異があったらしい。

マイナンバーカードでは実務を一元化することで統一しているわけだが、一方でカードの交付は市町村で行われる。

すなわち、こんなフローのようだ。

  1. 住民が申請書を機構に送る (名目上は市町村長宛の申請書だが、送り先は機構)
  2. 機構でカードを作成して、市町村にカードを送り、住民に交付通知書を送る
  3. 受け取った住民は交付通知書を市町村の窓口に持参してカードを受け取る

1.~2.の期間は約1ヶ月となっている。おそらく、2.の日付がカードの発行日なのだろう。

ただ、明確にいつになるかはよくわからないので、市役所の人には誕生日より後に送れば確実でしょうとのことだった。


急ぐものではないので。来年9月までは住民基本台帳カードも有効だし。

とはいえ、この時期だと所得税の申告(e-Tax)にマイナンバーカードの電子証明書を使いたいなというのはあるよね。

住民税の申告も兼ねることも考えると、来年3月15日までには所得税の申告を行う必要があるが、さすがにそこまでには入手できるでしょう。

市の窓口が予約制だけど、マイナンバーカード発行当初のような混雑もないでしょう。


ちなみに更新の時はこんなことは考えなくていい。

有効期限3ヶ月前から有効期限までの間に更新すれば、電子証明書は6回目の誕生日まで、カード自体は11回目の誕生日まで有効になる。

住民基本台帳カードのときは、電子証明書の発行は更新含めて手数料が取られていたけど、

マイナンバーカードでは有効期限切れまたは電子証明書の内容が変わる場合(住所・氏名変更など)の電子証明書の発行は無料でできる。

市町村の窓口に行く手間だけはかかっちゃうんだけど。


ちなみに住民基本台帳カードは有効期限に西暦が使用されている。

その当時、西暦表記が使われていたのはパスポートと外国人登録証ぐらいだったんじゃないかなぁ。

10年と有効期間が長いから西暦にしたということで、行政機関にしては珍しい対応だった。

実際、2019年9月というと、元号が変わっているはずの日付ですからね。

来年には運転免許証も有効期限が西暦表記になる予定だ。

運転免許証も有効期間が最大5年とやや長いが、どちらかというと外国人への対応の意味もあるらしい。

そういえば運転免許証って外国人の生年月日も和暦表記なんだよね。そこも修正するのかな?

住民票では外国人の生年月日は西暦表記にすることになって、マイナンバーカードでもそうなっているらしい。


Author : Hidemaro
Date : 2018/12/12(Wed) 23:58
社会 | Comment | trackback (0)

Tools