日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

グッズ売り場のこんなクレジットカード対応

昨日書いた通り、今日も両国国技館に出かけていた。

今回は1階枡席だったのだけど、枡席っていうのは国技館独特だよね。

普段は枡単位でグループに売るところだけど、ここでは枡に1番、2番と振って1人単位で売っている。

枡席に人が敷き詰められている姿を見ると、むさ苦しいなぁと思うけど、

これでも相撲のときより枡席は少ないけど(収納してるから)、まだ先まで枡席が続き、さらに溜席(砂かぶり席とも)、土俵とある相撲ではうっそうとしてそう。


パンフレットでも買うか、ということでグッズ売り場に行くと、クレジットカードが使えると書いてある。

財布の中身がギリギリだったので、ありがたい。

そこで、カードを呈示すると、レシートとカードをクリップで留めて、番号札を渡された。

これを別のところで集中処理しているらしい。百貨店みたいだな。

それで先に進むと番号待ちの人が20人ほど。それを3人ぐらいのスタッフが順次処理しているようだ。

取り違えを防ぐために名前を確認してから、決済をして、カードを返すようになっていた。


カードを預かるという運用はあまり好ましくなくて、一部の百貨店では見直しも行われているようだが、

一方でこのグッズ売り場についてはメリットも感じられた。

クレジットカード対応窓口の数を多く出来て、さらに窓口ではカードを預かるだけだから、クレジットカードだからといって時間がかかることはない。

この先にはクレジットカードを処理するスタッフがいるわけだが、このスタッフはクレジットカードの処理に特化しているので効率がよい。

楽天ペイを使っているようだが、意外とスイスイやっている印象を受けた。

常設ではない売り場のクレジットカード処理って通信回線の都合や、道具の都合で時間がかかる印象もあったけど、

レジと独立したCAT(信用照会端末)を置いている店と同程度の時間で処理できているように見えた。楽天ペイってよくできてるんだね。


いろいろ制約がある中ではうまくやっているとは思ったが、

理想はスーパーのようにサインレス取引ができることだよね。あれだけ速いとキャッシュレスのメリットは大きい。

でも、グッズ売り場では高額の買い物をする人もいるから、サインレスの適応範囲はそう広くないか。

サインレスでないとなった途端に時間がかかってしまうのが実情だとは思う。

なかなか現金より速い決済手段というのは限られるなぁと。


最近話題のPayPayのような、QRコードを介した決済もこういう特設売り場では一考に値するのかもしれない。

導入コストが安いはずなので、一部の売り場に限定する必要はない。

ただ、店側と客側の両方が操作が必要な方式が通常で、なかなか速さという点では難しそうだ。

設備が不十分な仮設の売り場、客をすばやく捌く必要があり、かといって現金がなくて買えなかったということをお互いなくしたい。

そんな中ではうまくやっている方だと思ったけど、最大の問題はカードを預かるということ。

妥協策としてはよい方法だったということにしておきましょう。


Author : Hidemaro
Date : 2018/12/08(Sat) 23:44
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools