日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

カプセルホテルにしては不思議

昨日の宿はファーストキャビンだった。

簡易宿所だけど、カプセルホテルよりも大型の客室をメインにしている。

もっとも、今回宿泊したのは「エコノミークラスキャビン」だからカプセルホテルそのものだけど。


ファーストキャビンは当初、飛行機のファーストクラスをイメージして作られたようだ。

飛行機のファーストクラスをイメージしたホテル-難波に「ファーストキャビン」1号店 (なんば経済新聞)

従来のカプセルホテルにくらべるとはるかに広く、2段ベッドではない。

ただし、簡易宿所なので鍵がかけられず、アコーディオンカーテンだけで、

トイレ・洗面所・浴場は共用なのはカプセルホテルと同じ。


このような簡易宿所ができた背景には、既存のビルをホテルに転用することが難しいことがある。

特に問題なのが窓で、簡易宿所でも窓が不要にはならないようだけど、大部屋に対して窓の規定を満たせばよいのでハードルは下がる。

その代わり、各々の客室に鍵をかけることができないという制約がかかるんだけど。

最近、宿不足が各地で問題になる中で、既存ビルをうまく転用できる簡易宿所はよいアイデアだろう。

今では他社でもカプセルホテルよりも大型の客室を備えた簡易宿所も増えているが、ファーストキャビンは先進的な取り組みだった覚えがある。


そうはいっても僕が泊まるのはカプセルホテルそのものなんですけどね。

最初に戸惑ったのが、土足のまま、荷物をもったままカプセルに向かうこと。

典型的にカプセルホテルでは、最初に下駄箱があり、下駄箱の鍵をフロントに預けてチェックインする。下駄箱からは土足厳禁である。

そして、次にロッカーへ向かう。ここに荷物を置いて、館内着に着替えることになる。

ロッカーはあまり大きくないが、僕が普段使っているリュックサックなら、ギリギリ入る。けっこうきついけど。

大きな荷物はフロントで申し出れば預かってもらえるか、別に大きなロッカーを貸してくれるか。

その後、客室や風呂に行くことになる。


下駄箱もロッカーもないというのは大きな戸惑いだったが、まず下駄箱はカプセルにあった。そしてスリッパが置いてあった。

一般的なホテルと同じくベッド以外は土足なんですね。

ファーストクラスキャビンであれば、客室にベッド以外の空間もあるので、そこでは確かにこれでいいんだろう。

一方で、ビジネスクラスキャビン、エコノミークラスキャビンでは客席=ベッドなので、これはちょっと煩わしいなぁという感想もある。

そしてロッカーもカプセル内にある。でもあまり大きくはない。手提げカバン程度なら余裕で入りますけどね。

カプセル内に貴重品を安心して置いておけるので、自動販売機で買い物するのに、財布のためにロッカーに戻る手間などはかからない。これはよいと思う。

とはいえ、僕のリュックサックはここにはどうやっても入らない。すると、どうするかというとフロントに預けるしかない。

ただし、鍵がかかるスーツケースのようなカバンならば、チェーンロックをフロントで借りれば、フロアの共用の荷物置き場が使えるだろう。

あと、ファーストクラスキャビンならベッド下にそれなりに大きなロッカーがあるようなので、ここから足りそう。


これも驚いたんだけど、チェックイン時に「音が漏れますからアラームをかけることができません、その代わり、朝に起こしに行くサービスがあります」と言われた。

ここで時刻を申告すると、朝にスタッフがロールカーテンを叩いて起こしてくれる。

ちょっと不便だなぁと思ったんだけど、アラーム音を鳴らすにとは皆無だったので、他の人のアラームで起こされることはないのはありがたいか。

あと、テレビはあるけど、テレビの音は出ないからヘッドホンが必要になる。

今どき、これは全く問題ないでしょうね。ヘッドホンを持ってなければフロントに申し出て借りることはできるはず。


ちょっと変わったカプセルホテルぐらいの感想だったが、本来の特徴はファーストクラスキャビンですしね。

あと、男だと忘れがちだけど、女性用の客室も備えているのは特徴ではある。

従来のカプセルホテルは男しか使えないところが多かったから。従来からのカプセルホテルが新規に女性用の設備を設けるのは難しい。

ちなみに、ここではエレベータ2基を女性用と男性用に分けて、チェックイン時に渡されるカードをタッチすると各々使えるようになっていた。

これで客室・浴場への導線を分けているんですね。

客室はフロア単位だが、浴場は同じフロアを半分ずつ分けて使っているらしい。女性用の導線は見えないが、避難経路図にそう書いてあった。


朝起こしてもらって、ひとっ風呂浴びて、朝食のために地下街のエスかに行くと、やたら人がいる。

何かと思ったらバスツアーの集合場所になっているらしい。確かに朝の地下街はほとんどの店が閉まっているからねぇ。

そんな中で数少ない営業している店がマクドナルドで、ここで朝ご飯を食べて、JRバスターミナルへ。

新東名スーパーライナーは渋滞もなく順調に走り、12時半ごろには新宿に到着した。

ちなみに同じバスの常客にも少なからず、昨日にナゴヤドームにいた人がいたようで。


Author : hidemaro
Date : 2018/12/03(Mon) 23:03
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools