日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

なぜこの会社がセミナーに

今日は展示会にでかけていたのだけど、

その展示会のセミナーの登壇者に意外な会社の人がいた。

よく知ってる会社なんだけど、どう考えてもこの分野じゃないよねと。

実際、出展者リストを見てもこの会社はなく、出展者としてセミナーに登壇しているわけではないらしい。


他にもいろいろ気になることがあって、このセミナーを聞きに行った。

セミナーに参加してわかったのは、どうもこのセミナーはとある新しいアーキテクチャについてのもので、

そのアーキテクチャの応用に取り組んでいる人たちを集めて今後の展望について講演してもらったようだ。

確かにそのアーキテクチャの名前を調べてみると出てくる企業・団体の人を集めたことがわかる。

その中には出展者もいたけど、大半は出展者ではなかったので、そういうことなんでしょう。

よく知っている会社というのも、自社の商売への将来的な応用を検討していたようだ。


そういう視点でセミナーの一覧を見てみると、

確かに大半は出展者が自社製品に絡めたセミナーを行っているのだけど、

中にはそういう商売とは無関係に技術動向を紹介したりするセミナーもあった。特に研究機関だよね。

あと、よくよく見てみると、まさにこの分野の会社でも展示は出していないけど、セミナーだけは参加しているという会社もあった。

言われて見ると確かに展示にはいませんでしたね。どこかにはいるものだと思っていたけど。


主催者としてもいろいろ意図はあるんだろうなと。

出展者の商売につなげるのが最大の目的ではあるけど、

そのためのストーリーを作るのに出展者以外にも依頼してセミナーで講演してもらってとしているんだろう。

最初に書いたセミナーなんて、今すぐ出展者の商売になるという感じではなかったけど、種まきとしては意味があるのかなと。

まぁ不思議な気はしたけど、参加してみたらなるほどなという感じでしたね。


Author : Hidemaro
Date : 2018/11/14(Wed) 23:42
電気・数学・物理 | Comment | trackback (0)

Tools