日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

友の会に入って1年

今日は大阪に出かけていたが、最初の目的地は中之島の国立国際美術館、

友の会の最初の1年が終わったので、更新をしてきた。

もちろん展覧会も見てきたけど。


さて、友の会の年会費は3000円、これでどれだけ使えたかという話である。

期間中に友の会の会員証が有効な4つの国立美術館全てで使ったが、

  • 国立国際美術館 : 特別展3回
  • 京都国立近代美術館 : 特別展3回
  • 東京国立近代美術館 : コレクション展4回
  • 国立西洋美術館 : コレクション展2回(1回は無料開放日だったけど)

意外と関西の2館にも来てるんだよね。

美術館のためだけに来たわけではなく、他の用事に併せて来てるんだけど。

とはいえ、当初の想定通り、東京でもかなり活躍している。


で、どれぐらい元が取れたのかという話である。

特別展の料金って展覧会によって900~1500円とだいぶ違って全部合計すると7600円となった。

東京2館のコレクション展の料金は500円だから、6回で3000円だね。(実際には1回は料金不要だったけど)

友の会の年会費の3倍以上は使えたようだ。

もっとも友の会の会員じゃなかったら、そんなに特別展見に行かなかったような気もするけど、

それをきっかけにして、多くの美術作品に触れられたのでいいでしょう。


そもそも、大阪から遠く離れたところに住んでいるのに国立国際美術館友の会に入っているのかという話である。

あえて大阪で友の会に入る

東京では類似の会員制度がないんですね。関西の2館はどっちも似たような制度があるんだけど。

一方で、国立国際美術館であっても、京都国立近代美術館であっても、いずれの友の会会員も両方の特別展を見られる。

その点ではどちらでもよくて、最初は1年おきに交互にしてもいいんじゃないかと思っていた。

でも、結局は国立国際美術館で更新したのだった。やっぱりこちらが僕の肌に合っている気がしたので。


美術館を出て、梅田に行くかと歩いて行くと、隣接する敷地に工事の標識が立っていた。

見てみると「(仮称)大阪新美術館」と書かれている。

実は大阪市は新しい美術館を作る計画を昔から持っていて、すでにコレクションを集めている。

ところが美術館自体がなかなかできず、幻の美術館だと思っていた。これがやっと動き出したらしい。

この美術館の名前は「大阪中之島美術館」となることが決まっている。2021年開館予定とのこと。

これは大阪市にとっては3つ目の美術館になる。

そう、天王寺公園の大阪市立美術館とは別の美術館で、さらに言えば大阪市立東洋陶磁美術館とも別のもの。


これが完成すると中之島四丁目に2つの美術館が並ぶことになる。

さらに言えば大阪市立科学館も隣接しているので、3つの博物館が並ぶとも言える。

近くには大阪を代表するコンサートホールであるフェスティバルホールもありますしね。

よく調べてみると、フェスティバルタワー内には中之島香雪美術館が今年できたそう。

このあたり一帯にはいろんな文化施設が集中してるんだよね。

中之島全体を見ると東側には市役所、中央公会堂、大阪府立中之島図書館、中之島公園、東洋陶磁美術館がある。

西側にはグランキューブ大阪とリーガロイヤルホテルがあり、国際会議などの舞台になっている。

本当に中之島っていろいろあるね。


とはいえ、基本的には中之島ってオフィス街なんだよね。

建替が進んだこともあって、高層オフィスビルが立ち並ぶようになった。

堂島川を挟んで反対側の堂島も高層ビルが立ち並び、大阪でも特に都市的な光景かもしれない。

本当の都心であるはずの船場は落ち着いたたたずまいなので。それもそれでいいんだけど。

そんなことを思いながら渡辺橋を渡り、ドーチカに入っていったのだった。


Author : hidemaro
Date : 2018/11/09(Fri) 23:08
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools