日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

なににもせずとも電池が減るでは困る

2ヶ月前ぐらいからスマートフォンの電池の減りが激しくて、

いろいろ調査していたが、やっとその解決策が見えてきた。

1つは位置情報を無効化すること。もう1つは放っていても電池が減り続ける場合は再起動するということ。

根本的な原因は不明だが、位置情報を有効化して外に出歩くと電池が減り続け(家に留まっているとそんなことはない)、

そうでなくても一度、電池が減り続ける状態になると、再起動するまでは直らない場合があると。


根本的な原因は不明と書いたとおりなのだが、Google Play開発者サービスが悪さをしている可能性が高そうだ。

Google Play開発者サービスは、Androidのアプリのための機能を提供するサービスで、

一般の利用者にとってはわかりにくい名前なんだけど、Androidアプリ共通機能みたいな意味ですね。

位置情報を使う各種機能も含まれており、位置情報との関係性が大きいのもそのためだろうと。

明確にこのバージョンが悪いと言われているものもあるが、自分のAndroidは具体的に該当するわけではない。

だから、本当にこれが悪いと断言はできないんだけど、ここに何らかの問題がある可能性は高い。


というわけで、時々電池の減り具合を見て、スロープが急すぎると思ったら再起動するとやっていて、

この前の徳島行きも、なにもせずとも電池が減り続けるという問題は、さほど影響を受けることはなかった。

釈然としないところはあるけど、一件落着と思っていたが、

いまどきのスマートフォンで位置情報を無効化することはかなり不都合であるのが悩みである。


位置情報を無効化すると、地図などで位置を取れないという問題はあるが、

それは仕方がないことだし、地図を見るのにいつも位置情報が必要なわけではない。

ただ、それ以上に問題なのがradikoとi-dioで、いずれも放送地域を特定するために位置情報を必要とする。

PCはIPアドレスなどを使ってエリアを特定しているが、スマートフォンでは端末自身の位置情報を使って特定することになっている。

使うたびに位置情報がOFFになっているとエラーが出て、必要になるごとにONにして、

その後、ONにしたまま出かけると電池が減りすぎるので、使い終わったらすぐにOFFにしてとはめんどくさい。


以前はこんなこと気にしなくても良かったんですけどね。

位置情報ONにしたままでも、触らなければ全然減らなかったし。

純粋にソフト的な問題だと理解しているんだけど、何が変わったのかはさっぱりわからない。

Google Play開発者サービスってかなり特権的なアプリなので、ユーザーがこれ自体に手を付けることはなかなか難しい。

どうしたもんかと試行錯誤した結果、現実的な回避策が見つかったからとりあえずはいいかなと思ってるんだけどね。

でもやっぱり不都合なんでなんとかしてくれとは思う。


Author : hidemaro
Date : 2018/10/14(Sun) 22:28
日常 | Comment | trackback (0)

Tools