日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

「マウスどうぶつえん」とは?

徳島2日目、徳島市内に泊まっていると朝の整理券配布も楽だな。
朝8時ごろに新町川沿いの公園に整理券を取りに行き、また宿に戻ってということができる。
そうやって列に並び、抽選の結果得たのが「マウスどうぶつえん生オーディオコメンタリ付き一挙上映会」の整理券だった。
たぶん集まった人数に対してちょっとだけ席数が少なかったようで、そこまで厳しい抽選ではなかった。
ただ、実は5月の同種の上映会では、確か2倍ぐらいの競争率だった覚えがあって、外したのだ。
登壇者の違いもあるんだろうけどね。
というわけで半年越しのチャンスを見事に手にしたのだった。
さて、「マウスどうぶつえん」については以前紹介している。
芸能事務所だけど他もある
芸能事務所「マウスプロモーション」がつくっているショートアニメ(30秒)で、
所属する声優をモチーフにした動物たちを描いている。
もう100話を超えており、いかに1話30秒でも1時間で全部は流しきれないという状況。
最初はなんだこれはと言われていたが、気づけば100名以上いる所属声優のほぼ全員のキャラクタが決まり、
もうそろそろ全員のお披露目が終わり、2周目に入りそうという状況らしい。
キャラクターグッズも売れてるのかな?
少なくともマチ★アソビの徳島ではゲーム会社などと肩を並べて商売できるほどだけど。
上映しながら登壇者が解説や感想を言ってくれるわけだけど、
印象的だったのが、「お芝居してるのを初めて見たって人もいる」ということだった。
というのも、ナレーションの仕事を専らしている人もいて、そうすると普段やっているのは芝居ではないと。
マウスどうぶつえんでは、全員をモチーフにしたキャラクタを作り、その声を当ててもらうということで、
そういう人もここでは芝居をするわけで、その人にとっては挑戦的なんだということらしい。
普段、アニメではみないような人もマウスどうぶつえんには出演してるようで。知らないのは僕だけでもないと。
「新人にとってみれば、所属している人を学ぶ教科書ですね」という感想も言っていたが。
デフォルメされすぎではあるけど、この人こんな趣味とかあるんだというのを知るきっかけにはなるんじゃないのって。
その後、結局閉会式までいて、19時45分発のバスに乗り、
さすがにこんな時間だと阪神高速も空いていて、何の迂回もなく大阪まで走りOCATには15分早着。
四国からの帰りに全く迂回なしって初めてじゃないかな。
Author : hidemaro
Date : 2018/10/08(Mon) 23:16
記録 | Comment | trackback (0)

Tools