日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

1週間経たずにそれなり

関空は第2ターミナルビル・B滑走路での暫定運用が軌道に乗ってきたようだ。

もともとT2を使っているPeach・春秋航空(中国)は概ね平常通りの運航、

2期島に専用貨物ターミナルを持っているFedExも平常運航に戻っているよう。

本来はT2を使わないJALは羽田、ANAは上海への1往復ずつをT2を使って運航している。

JALがなぜこの1往復をあえて関空から飛ばすのかはよくわからないんだけどね。国際線を飛ばすならともかく。


もともとT2に本拠を置いてきた各社が平常通りの運航に戻ったことはよいことだが、

小型機の運用を想定して作られたターミナルだし、他社にとっては搭乗券の発行すら苦労するような状況。

そこで、第1ターミナルビルの復旧が望まれているが、損傷がひどい。

とはいえ、南側は比較的状況がよいとのことで、今週中に先行復旧させるようだ。

この時点でどの程度が関空に戻ってこれるのかはわからないが。

ただ、JALは関空発着便のうち8往復をそっくり成田に移して運航を続けている。

これは再開したらすぐに関空に戻ってこれるように準備をしているのか?


再開していく中での課題は空港アクセスだ。電車が動かないからね。

鉄道の再開までには時間がかかるのは確実で1ヶ月程度とのこと。

その一方で各地からのリムジンバスは再開しつつあり、もちろん神戸からの高速船もある。

りんくうタウンからの臨時バスも頻発できるようになった。

今のところは比較的順調に動いているとのことだが、利用者が増えて行くとどうだろうか?


あと懸念は貨物ですよね。貨物地区がもっとも高潮の被害を受けている。

関空は貨物輸送で評判が高いのだが、2期島にあるFedEx以外は大きな被害を受けてしまった。

僕も知らなかったんだけど、関空は医薬品の輸出入においては圧倒的に強い。

医薬品輸出入に打撃 各社、代替経路探し (毎日新聞)

そもそも関西に拠点を置く製薬会社が多く、日本に入る医薬品も、各地に輸出される医薬品も集中しやすかった。

そのようなニーズに応えて、関空も医薬品を温度管理できる施設を整備してきた。

そんなこともあって、金額ベースでもっとも関空での輸出入が多い品目は医薬品なのだという。

関空での輸送がストップしても、すぐに在庫が尽きるとかそういうことはないだろうけど、長期化すると医療にも影響が出かねない。


関空が全面復旧するまで、伊丹・神戸に振替を行うという話も出ている。

国内線については伊丹空港への振替がすでに行われているし、それが最善策でしょう。

もともと大手2社の国内線はそんなに多くないですからね。

一方で、国際線は関空以外には設備がないのでなかなか難しい。

神戸空港は狭いですし、伊丹空港はすでに混雑しているわけだから、関空国際線を引き受ける余裕がどの程度あるのか。

そうこうしているうちに関空が全面復旧するんじゃないの? という気もする。


実際にはセントレアが関空国際線の肩代わりで大きな役目を果たしているようだ。

セントレアのWebサイトに「関西国際空港閉鎖に伴う臨時便などのご案内」というバナーが登場している。

一部の航空会社ではセントレア発着の臨時便運航や定期便の大型化による輸送量確保を実施されています。
なお、臨時便運航および定期便の大型化により、セントレアをご利用されるお客様が通常より多くなることが予想されます。特に国際線ご利用予定のお客様は、お時間に余裕を持ってお早めに空港までお越しいただきますよう、お願い申し上げます。

すでに飛んでいる航空会社なら大型の機材への交換という対応もできるし、臨時便を受け入れる余裕もある。

セントレアはさほど広い空港ではないので、利用者が集中すると混雑しやすいのは難点だが、そこはなんとか。

関空全面復旧まで、この状況は続くんだろうなと思う。


今は、とりあえずすぐに使えるところから使えるようにしようということに尽きるのかなと。

1週間は全く離発着できないのでは? という話もあったが、

実際には台風から4日目の7日には再開、8日にはPeachの国内線・国際線ともある程度復旧して、それに春秋・FedExも続いた。

結局、Peach・春秋・FedExだけじゃないかという話ではあるけど、特にPeachにとっては関空が使えないというのは死活問題でしょうから。

まずはある程度、飛行機が発着できることを目指すとすれば、こうなるしかない。

長期的にはいろいろ作戦もあるかもしれないけどさ。


Author : Hidemaro
Date : 2018/09/10(Mon) 23:43
交通 | Comment | trackback (0)

Tools