日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

過酷な利府の思い出

ふと、およそ1年前の宮城のことを思い出していたけど、あれは過酷だったなぁ。

風と雨とモヤの宮城


これは利府町のセキスイハイムスーパーアリーナで行われた、

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!! 宮城公演の話。

まず問題が悪天候で、なにもかもびしょ濡れになって大変だった。

さらに悪天候で仙台空港に着陸できない飛行機が続出し、西日本からの遠征勢がたどり着けなかったという悲劇もあった。

でも、悪天候を抜きにしても過酷だったんだよね。


なによりの問題が会場への交通だった。

このときは往路は利府駅から臨時バス、復路は仙台駅付近までツアーバスを使っている。

ご存じの方もおられるだろうけど、利府駅は利府支線の駅で、概ね1時間おきに2両編成の電車がやってくる。

往路でもなかなかの混雑だった。でも、まだ往路は時間的に分散するからなんとかなった。

利府駅~グランディ21(会場のある運動公園)は10分ほどの距離感なので、バスの増発もうまく行っていた。

もっとも往路でも、列車の本数の少なさ、乗り継ぎの煩わしさから仙台駅からのツアーバスを使う人は多かったようで、

ちなみに往路のバスは満席になり次第、随時出発だったらしい。どれぐらいの頻度で走ってたんだろ。


ところが一気に人が帰る終演後はこれでは全く対応できない。そこで多くの人が頼りにしたのがツアーバスだった。

これがすごくて、終演にあわせて駐車場に大量の貸切バスを並べておいて、これに乗せていったわけだ。

仙台駅まで約30分ほど、終演後にスムーズに運ぶことを考えると、片道1回で運びきる必要があった。

往路は飛び乗りできたみたいだけど、復路は完全予約制だったはず。予約数にあわせてバスを用意する必要があったから。

このツアーバスの料金は片道1250円、列車+バスだと440円だから高いけど、駐車場に並べられたバスを見てそれぐらいはかかるよなぁと思った。


もう1つの問題が宿の問題。

このときは日曜が仙台で市民マラソンがあって宿が逼迫していたんだよね。宿の確保には苦心した。

ただ、そもそも宮城県は宿が不足しがちだという話も聞く。なかなか余裕がない。

実はシンデレラガールズ5thツアーの7会場の中で宮城公演だけが公演直前まで当日券を売っていた。

一般販売開始当初に一旦売り切っているが、機材開放席を出したところ、こちらが掃けなかったのが要因である。

その要因の1つがこれだったんじゃないかなぁ。急に行こうとしても宿が……ってなったのだろう。

近所の人ならふらっと自動車で行けばそれで済むんだけど。


もっとも、このツアーは最後の埼玉公演以外と金曜開催の大阪公演1日目を除いては終演が早めになっていた。

特に2日目は早く、開演の一番早かった 福岡(北九州)公演の2日目 は終演してもまだ明るかったとか。

これは2日目終演後に出演者・スタッフがその日のうちに東京に戻れることを想定したものだと言われている。

このため、遠くからの参加といっても、条件によっては宿は必須ではなかった。

ただ、宮城公演は会場から駅までの移動に懸念があったりで、スムーズに帰れる想定はしにくかったよね。

対照的だったのが北九州で、会場が小倉駅至近だったので、そこから新幹線ですぐに各地に移動できてしまうし、リムジンバスで北九州空港もすぐだった。


なぜ、こんなことを思い出したかというと、来年にアイドルマスターミリオンライブでライブツアーを行う告知があったから。

具体的にどのぐらいの都市でやるか、会場の規模がどの程度かというのは明らかではないが、シンデレラガールズのツアーは参考になりそう。

そのときの会場をそのままなぞるかというと、そうとも言えないが、宮城ではやりそうだと思った。

そのときに宮城県で使いそうな会場として真っ先に思い浮かんだのが、利府のセキスイハイムスーパーアリーナだったんだけど、

それとともに思い浮かんだのが、アクセスの過酷さだった。関係者の尽力もあってなんとかなっているけど、なかなか厳しい会場だ。


一方で宮城県には交通至便でそれなりに広い会場もある。

それがゼビオアリーナ仙台、長町駅のすぐ近くにある。しかも2012年開業だから新しい。

実はミリオンライブの3rdライブツアーの仙台公演の会場として使われており、

同ツアーの他の会場が2000人程度のとこころが多い中では、4500人程度入るそうだから広い方だった。

4500人も入ればそれなりという見方もあるが、一方で利府ならば7000人弱入るだろうから、その差は大きい。


遠征してくる人は多いのだから、交通の便が良くて4500人なら簡単に埋まってしまうだろう。

じゃあ、交通の便が悪くて7000人だと? これはなかなか難しい問題だ。

宮城でやるとは言っていないし、想定している規模感も明らかではないが、この2つで悩んだ可能性はありそうだなと思った。

参加できる分には交通の便がよい方がいいんでしょうけど。どちらも体育館だから演出面での差は小さいでしょうし。


Author : hidemaro
Date : 2018/06/08(Fri) 23:50
日常 | Comment | trackback (0)

Tools