日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

Google Chromeも可になったが

先日、勤務先の全社で標準アプリケーションとしてGoogle Chromeが追加された。

用途は社外のWebサイトの閲覧のため。

従来は標準アプリケーションのWebブラウザとしては Internet Explorer しかなかったのだが、

社外のWebサイトの閲覧に支障をきたすことがあるという理由で、代替策としてGoogle Chromeが追加されたのだという。

もっともそれ以前から職場単位でGoogle Chromeを使えるようにしているところも多かったようだけど。


社外のWebサイトの閲覧に支障をきたすことがあるというのは、

特定のWebサイトを見るとしばらくフリーズするような問題が発生するから。

どういう条件で発生するのかは調べてないんだけど、特定のWebサイトでは必ず発生するんだよね。

この問題に対する対策として、他のブラウザで社内での利用実績もある Google Chrome を使うことにしたようだ。

確かにChromeを使えばこのような問題は起きない。


一方で 社外のWebサイトの閲覧用となっているのは、社内のWebサイトの一部はInternet Explorerでしか使えないから。

基本的にChromeでの動作は保証されていない。

問題なく使えるページもそれなりにあるし、見た目が多少崩れる程度なら許容できるが、全く機能しないページも多い。

傾向を調べてみると 認証機能が対応していない、JavaScriptがActiveXに依存している、Microsoft製のシステム というところ。

認証機能が対応していないのは、おそらく回避策がありそう。同種の認証でもChromeで使えるページもあるわけだし。

JavaScriptがActiveXに依存しているのは、ActiveXに依存しないJavaScriptへの書き換えは可能だろう。

今後、社内のWebサイトでもChrome対応をすると書かれていたから、このあたりの問題も解決していくのだろう。

一方で、Microsoft製のシステムは、Internet Explorerの使用を前提として、Windowsと調和性の高いものを作ってるんだろうし、代替できないのでは? とも思う。


個人的には Mozilla Firefox をずっとメインで使ってるけど、あまりこだわりがないのならGoogle Chromeは無難でよい選択肢だと思う。

一方で職場で使っている限りにおいては Internet Explorerもそこまで悪くないのでは? とも思っていた。

特定のサイトでフリーズする問題は致命的なので、そこは問題だったのだが、

ただ、Windowsとの親和性という点ではメリットがあったことも確かで、それなりにメリットはあったと思う。

一般的にはOSやブラウザに依存するWebサイトはよくないけど、社内で使う限りにおいては許容できるし。


というわけで、最近はInternet ExplorerとGoogle Chromeで2窓して仕事をしている。

社内の設計資料を見るのはInternet Explorer、メーカーの資料を見るときはGoogle Chromeと言った具合。

本当はこの2つを1つのブラウザで両立できればよいのだが。


Author : hidemaro
Date : 2018/06/07(Thu) 21:49
Linux・Net・Web | Comment | trackback (0)

Tools