日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

それでも八王子市だ

八王子市に南大沢という地域がある。多摩ニュータウンの一地域である。

僕はそのことを知ったときに、多摩ニュータウンって八王子市にかかってたの?

と思ったのだが、とはいえ、この地域は八王子市としてはやや特異な地域である。

というか八王子市の多摩ニュータウン自体がそうなんだけど。


東京方面から南大沢へ行く場合、京王相模原線を使うのが通常である。

調布で分岐して走って行くわけだが、多摩川を渡って稲田堤駅付近、その先、稲城市を抜けて若葉台駅付近で川崎市を通る。

ちなみに若葉台駅は稲城市の若葉台、ここも多摩ニュータウンの一地域だけど、その名前を付けている一方で、駅の片側は川崎市になっている。

そして、その先、多摩市に入り、多摩ニュータウンの中心となる地域を通る。そして八王子市に入って、堀之内駅、南大沢駅となっている。

東京都内の移動なのだが、少し川崎市を通るのが特徴だ。川崎市が細長いのでどうしてもかかっちゃうんだよね。

これが東京あるいは狛江・調布付近から南大沢へのルート。


じゃあ八王子中心部との移動はどうするのかという話である。

1つはバス、京王バスが運行しており、南大沢駅~八王子駅を40分ほどかけて走る。

てっきり住宅団地の中をぐるぐる走っているのかと思ったが、そこまでではなかった。

もう1つ、鉄道を使ったルートもある。こっちの方が所要時間は短く、運賃も安いのだが……

そのルートが問題で、八王子駅から横浜線に乗り、橋本から京王相模原線に乗るというルート。

これが何を指しているかというと、八王子市内の移動にもかかわらず相模原市をガッツリ通るのだ。相模原市ということは神奈川県だ。

地図で見るとけっこう遠回りに見えるのだけど、それでも乗り換え時間込みで所要時間30分程度だから、電車の方が速い。

このあたりは多摩市の多摩ニュータウンだと、多摩ニュータウン以前の市街地にある聖蹟桜ヶ丘駅とのバス路線が充実しており、利用者も多いのとは対照的だ。

京王相模原線ができる以前からの歴史も長いのもあるんだろうけど。


東京または調布から行っても、八王子市街から行っても、神奈川県を通るという変なところだが、

バスを使わず、東京都内だけの移動で済ませる手段は一応ある。

それが多摩センター駅から多摩モノレールに乗るという方法。こうすれば神奈川県を通らずに日野・立川方面に行ける。

ただし、運賃はかさみますけどね。南大沢~立川で見ても、橋本・八王子経由の方が安上がりと出る。所要時間も大差ない。

感覚的にはこっちの方が近そうに見えるんだけどね。ちょっと分が悪い。


そんな八王子市なの? という地域だが、僕が話題にするときは「八王子の南大沢」というような具合に、

八王子市にあることを明示するようにしている。まぁ違和感があるといわれたこともあるけど。

断りなく使うにはちょっと厳しい地名だと思うんだよね。

八王子市に2つある大沢のうち南の方というところから来ているが(cf. 東野田だけあるのはなぜ?)、町村制施行時の村の名前は由木村だし。

言うほど八王子か? という話はあるけど、八王子市にあることは揺らがないしね。

というか、僕が一番よく行く八王子市が南大沢だし。


こういう言い方をするのは、飛び地のような地域でも市町村の名前を冠した地名を見ることが多かったからかもしれない。

その最たる例が西宮名塩駅、西宮市だが、六甲山脈を挟んだ先の名塩地区にある。

西宮市中心部との往来は不都合だったが、近年になってバスが走るようになったとか。

そんな地域でも駅名や住宅団地の名前に西宮と付けているわけだから、やっぱり市の名前って重要だなと思ったものだ。

その他、ある市の果てにあるのに、雑にも市の名前を拾っている施設もけっこう見てきた。


余談だけど、さっき京王相模原線が川崎市をかすめると書いたけど、このあたりの川崎市に仕事で行くことがたびたびあった。

「明日は川崎に出張だ」といいながら、京王に乗るというと怪訝な顔をされたこともあったが。

こんな地域だけど、工業都市らしい姿も多く見られる。それがこの地域で仕事で行く背景としてあったんだけど。

海の川崎も山の川崎も行く機会が多く、どっちも川崎だと思っているけど、世間的にはそうでもないんだよね。


Author : hidemaro
Date : 2018/06/02(Sat) 23:52
社会 | Comment | trackback (0)

Tools