日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

50円単位に丸めてるの?

朝6時台に出る新幹線に乗って、1週間ぶりに自宅に帰ってきた。

さすがに大阪市内からでも新大阪6:47発というのは相当な早起きを要するのだが、その分早く帰れるので、帰り道には悪くない。

平日朝の新幹線というとビジネスマンが多くて、いつものようにB席に座ったら、右も左もいかにもという感じ。


昨日、マチ★アソビでのマウスショップの話を書いた。

芸能事務所だけど他もある

この店の値付けを見ていると、違和感がある値付けがいくつかある。

1つがMAUSU THEATER、値付けは2150円だが商品には「¥2000+税」との表記。

本体価格2000円に消費税を加えれば2160円になりそうだが。

もう1つが1000円ピッタリという妙にキリのいい値付けの本。

調べてみると本体価格960円なので、本来ならば1036円とかでキリのいい値段になるわけはない。


おそらく、この店では50円単位への丸めを行っていたのだろう。

そんなことをする理由はつり銭の都合でしょうね。

単純に10円玉など50円より細かい硬貨を用意する必要が無く、なおかつ10円玉よりは50円玉の方が受払のバランスが取りやすそう。

なお、東京のマウスショップでは店内の写真を見た限りではこういう丸め処理は行っていないよう。

露店でつり銭に困窮しないようにと特別に丸めを行っているのだろう。だから同じ商品だと徳島の方が安い可能性がある。


つり銭の都合で丸め処理を行う店はそれなりにあるが、50円単位への丸めは珍しい気がする。

嫌われ者の1円玉

5円単位への丸めについて書いたものだが、こういうのはぽつぽつありますね。

あと10円単位への丸めは電車・バスの運賃を筆頭に非常によく見られる。自動販売機もそうだね。

もっとも関東圏では消費税率変更時にICカードでは1円単位での運賃を設定するようになったが。現金ではやはり10円単位。

この次でこれまで見たことがあるのが100円単位への丸め。

税金の計算はほぼ全て100円丸めだよね。所得を100円単位に丸めて、それから税額を100円単位で丸めてとやるから。

もっとも所得税では復興特別所得税が1円単位で計算されるから、結局は100円単位にならないんだけど。


50円丸めって見た覚えがないな、と思ったけど、ちょっと前まで1つありましたね。

それが高速道路の料金、消費税率が8%になる以前は24捨25入で50円単位への丸めを行っていた。

消費税率変更時に10円単位への丸めに改めたので、今となっては過去の話である。

ETCが普及する以前はできるだけ速く現金の収受をすることが要求された高速道路ならではなんでしょうけどね。

ただ50円単位が10円単位になったところでそんなに変わるのかという話ではあって、10円単位に改めた背景にはそういうこともありそう。


本来2160円の商品が2150円で買えても、たった0.46%の値引きでしかない。

だからお互いあまり気にしなくてもよい範囲かなとは思う。これでつり銭の扱いが楽になるならね。

ただ、本来1036円ほどの本を1000円にすると、3.6%もの値引きですからね。

あくまでもつり銭の都合でやってることなんだろうけど、本の値引きとしては3.6%引きはかなり太っ腹だ。

ポイントが付与される場合でも書籍へのポイント付与はかなり渋い印象がある。

この本って自社製品ではなくて、通常は再販制度の対象になる商品だから、通常は販売店の裁量で販売価格を変更することはできないはず。

再販制度の運用は出版社と販売店の取り決め次第なので、これで問題ないとお互い合意できていれば、全く問題ないんだけどね。


というわけで50円単位への丸めは理解はできるが、ちょっと苦しいのもあるというのが実情かなと。

10円単位であればほとんどの人は納得すると思うんだけどね。さすがにそれは仕方ないよねって。

もっとも自社製品であればどんな値付けをしても自由と言えるので、50円単位に丸めて値付けしておくのはよいアイデアではあろうと。

制度的に50円への丸めを行っている例は少なそうだけど、50円単位での値付けは飲食店ではそれなりに見る。

いろいろな商品を扱う店で10円玉以下不要にするというのは難しいかもしれないが、条件次第では可能だし、やってる店はあるだろうと。


Author : hidemaro
Date : 2018/05/07(Mon) 23:46
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools