日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

あってよかった交差点名

今日、とあるところに出かけていたのだが、初めて自転車を使った。

今まではバスを使っていたが、このバスは便利な点もあるが、不便な点もあって、

距離もそれなりだから自転車でも行けるのでは? ということで自転車を試してみた。

これはうまくいった。


市内と目的地付近を直通で結ぶバスがあって本数も比較的多い。

ところが難点は家から最寄りのバス停まで30分弱歩くこと。

市内の他の地区に走っているバスなので、どうしても合わないのよね。

それでも、電車だと極端に遠回りになるし、なかなか他の手段もないので、歩いてもこのルートが最適と考えていた。

強いていえば、バス停までバスですかね。でも、多分バスに乗るのも、歩くのもそこまで変わらないかなと。


自転車というのは今まであまり考えたこともなかったが、地図で距離を概算すると8km弱だからそんなに遠くない。

ただ、一方で地図を見てみるとこれといった幹線道路もなく、ルート取りが難しいと思った。

確かにこっちの方角ってあまり自転車で走ったことなかったけど、道がわかりにくいんだよね。

そんな中でできるだけ簡単で迷いにくそうなルートをあれこれと探してみた。

これなら比較的走りやすそうというルートを見つけたが、それだってわかりやすいとは思えなかった。

心配だなぁと思いつつも、地図をメモして走り出したのだった。


しかし、結果的には目的地付近で少ししくじったぐらいで、肝心なところでは間違えずに走ることが出来た。

うまく行った最大の要因は交差点名が目印になったこと。

太い道路同士の交差点でなくても、交差点名がちゃんと付いていて、これのおかげで曲がるべき交差点が明確にわかったと。

交差点名がないと、他にこれといった目印のない交差点もあったので、本当に助かった。


故郷のことを思い出すと、交差点名は本当にあてにならないと思っていた。

まず交差点名があるのが国道と元国道、一部の県道ぐらいだった。

国道は混むし自転車では走りにくくて、県道はほとんどあてにならないから、主に走るのは市道だった。

国道に並ぶ幹線道路と認識されている市道だが、交差点名は国道との交差点にある程度だった。

だいたい交差点名があったとしても、命名がイマイチだと思っていた。

交差点名があるのが国道と一部の県道関係の交差点だけだから、その地名の中心から離れた交差点の名前になったり、地名の拾い方があまりよくない。

目印には困らなかったので、交差点名を見る必要があまりなかったのも事実ですが。


このあたりだと国道・都道はもちろん、その他でもバスが走るぐらいの道路には交差点名があるので便利ですね。

これなら他の目印に乏しくてもなんとかなるね。

町名というよりは公共施設の名前を付けた交差点名が多いが、その公共施設が道路から見えやすいところにあるとも言えないので。


ところで、目的地は家からだと電車では行きにくいが、東京からだと電車で容易に行ける。

なので、今までは東京に行って用事を済ませて、それから目的地に行き、バスで帰ってくることが多かった。

多分、今まで往復バスということはなかったんじゃないのかな? 片道だけしか記憶にない。

今回も当初はその方向で考えていたのだが、東京に行く理由が全くなく、

じゃあ往復バスかと思ったのだが、それはそれで不都合なので、じゃあ自転車は? と考えてみたわけである。

なので、今後も片道だけならばバスを使うんじゃないだろうか。

でも往復で自転車という選択肢もあることがわかったので、それはそれで意味がありますが。


Author : hidemaro
Date : 2018/04/08(Sun) 23:04
日常 | Comment | trackback (0)

Tools