日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

備蓄食糧の放出

昼休みに食堂に行って、売店の前を通ったら備蓄食糧の在庫放出をやっていた。

賞味期限は今月末まで、自由に持ち帰ってよいとのこと。


災害時などに事業所内で籠城できるように備蓄食糧を持ってるんですね。

行政としても推奨していることなので、それに従ってやっているだけとも言えるけど。

具体的には、飲料水と「EMERGENCY RATION」と書かれたパックが配布されていた。

「EMERGENCY RATION」では非常食以上の意味は無いが、材料が小麦粉なので、乾パンのようなものだろう。


家庭ではローリングストック法での備蓄が現実的だろうという話がある。

備えるためには使うことが肝心

食べ物には賞味期限があるので、災害があろうがなかろうが消費しなければいけない。

それならば普段から食べるものを多めに備えておくのがよいだろうということ。

賞味期限が非常に長いが、普段から食べない食品だと、どこかで無理に消費しないといけない。

それは結局難しいのでは? という話ですね。


もっとも、災害時にどれが役立つかというのはなかなか見通しにくい面もあるんだが。

というのも、実際の災害時にどれぐらいのインフラが生きてるかというのは分からないので。

インスタントラーメンが災害時に役立つ可能性は十分あるけど、ガスか電気は使える場合に限られる。

ただ、自宅での避難生活が成り立つのはそういうケースだけのような気はするし、加熱もできない想定での備えは少しでよさそうではある。

一方で、自宅に留まるのが危うい場合は、備蓄とかなんとかいうより、とにかく逃げる必要があるので、結局は役立たない可能性が高い。

どんなケースでも役立つのは飲料水ぐらいですかね。断水が発生すると何らかの形で飲料水は必要でしょうから。早期に給水車で対応してもらうにしても。


それに対して、勤務先は食品を扱う会社ではないので、事業活動の中で食品を消費することは難しい。

そうなると、賞味期限が非常に長い食品を備蓄するのがよいということになるのだろう。

あと、帰宅にあたって大きな問題がなければ、わざわざ従業員が事業所内に留まる必要もないので、

災害直後の短期間を耐えることだけを想定しているというのもあるんだろう。

具体的には水の賞味期限は5年になってたね。おそらくEMERGENCY RATIONも一緒だろう。


EMERGENCY RATION はアメリカからの輸入品のようだが、説明をみるとこうある。

INSTRUCTION:Eat one bar every 6 hours per person. Ear in small pieces.

SAVE DRINKING WATER: Do not drink water durling first 24 hours unless sick, injured or desert conditions. ……

1袋に12個の塊があって、全部で2400kcal、すなわち1個200kcalだ。

これを6時間ごとに1個、1日4個ってことか。1日800kcalあれば大丈夫だろうと。短期間なら問題ないでしょうね。

1日4個で1袋12個、すなわちこの1袋で3日持つよって言ってるんだな。そう考えるとコンパクトなことで。


一方でこれはどうなんだと思ったのが飲料水についての記述で、最初24時間は水を飲まなくてもなんとかなるよって書いてある。

でも実際には災害時に水分を十分取らなかったがために、エコノミークラス症候群で亡くなる人もいるよね。

水の備蓄の目安で1日2Lってのがあるけど、食事で水分が取れないとすれば、これぐらいは必要とされている数字だ。

おそらくこれは軍事用途で書かれた記述でしょうね。desert conditionという記載があるのもそういうことだろう。

あくまでもEMERGENCY RATIONの説明書きで、実際の飲料水の備えはまた別だと思うんだけど、どれぐらいの備えがあるんでしょうね?

ただ、今の日本だと、水道が使えない状態が続いたとしても、早期に給水車での支援が行われることは期待していいんじゃないかな。

あと、確かこの事業所には、緊急時のために井戸と膜ろ過装置があるはずで、そこは割り引いて考えてよいとは思うけどね。


配布していた備蓄食糧だが、飲料水は500mL×2本、EMERGENCY RATIONは1袋持ち帰ってきた。

飲料水は出かけるときに飲む水として使えば普通に使えるので特に問題ない。

EMERGENCY RATIONは一体どんなもんだよって気になったから持って帰ってきただけで、実用上はわりと謎。

ただ、乾パンも水でふやかすなどすると、いろいろ応用がきくという話もある。

そういうところでなんか使い道がないかなぁと思ってるんだけど、どうだか。


Author : hidemaro
Date : 2018/02/02(Fri) 23:03
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools