日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

いろいろ献血の呼びかけをしている

先日、職場で献血をやってたので協力してきた。

会社に献血ルームができた

年に3回ぐらい来てるみたいだけど、そのうち2回ぐらい協力してる感じですかね。


献血の呼びかけってけっこういろいろな手段でやっていて、

  • 掲示板へのポスターの貼り出し
  • 前日昼休み前に「明日は献血の日です」と放送
  • 朝に門のところに、献血をやっていることと、必要本数を書いた看板を立てる
  • 当日の昼休み前にも放送で告知
  • 昼休みに食堂付近で赤十字社の人が呼びかけ
  • (必要数に対して不足しそうだったから)安全衛生委員からE-mailで職場内に協力依頼

朝に門で看板立ててるのはけっこうインパクトあって、「そうか、今日は献血か」とそこで気づくことは多い。


いろんなチャネルで呼びかけを行っているわけだが、そこそこ効果は出ていたようだ。

というのも、安全衛生委員から「お礼」ということでE-mailがばらまかれたのだが、

そこに目標人数と実際の協力人数が並べて書いてあったが、ほぼ目標を達成出来たようだ。

上に書いたように、安全衛生委員が依頼のE-mailを投げた時点では不足しそうって認識だったわけですから、

あと一押しというので動いた人も多少はいたんだろうか。


会社で献血に協力すると、チラシを渡されて、職場の人とかに渡してって言われるんでばらまくんだけど、それで行こうかという人は誰一人として見ていない。

そう考えると、口コミってのもあんまり効果がないもんだなとは思う。

迷っている人には効果的かもしれないけど、そもそも考えもしない人には効果がないという話だろう。

時々当たればいいかなぁって感じですかね。


結局はリピーターによって支えられてるって話ですよね。

そういや今までここで献血してる人で、赤いストラップを付けてる火を見たこと無いな。

確か、ある時期から、初めて献血する人は赤いストラップのタグを付けることになったんだよね。

あと、問診用のタブレット端末で初めて献血する人のためのビデオも見られるようになっているらしい。

実はそういう機能があるんですよ。僕が初めてやったときはストラップはなかったけど、ビデオは見せられた覚えがある。

そもそも初めての人ってどれぐらいいたんだろうね? 確かに全体からすると少なそうだけど、1人はいたのかな?

職場でやるから行ってみようか? となるといいんですけどね。リピーターも大切ですが、それだけじゃ行き詰まるので。


Author : hidemaro
Date : 2018/01/19(Fri) 23:59
日常 | Comment | trackback (0)

Tools