日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

武蔵を北へ東へ初詣

今日は初詣ということで出かけていた。

まずは宇都宮線の電車に乗り、埼玉県を目指した。

朝の宇都宮行きの電車はガラガラだった。逆に東京行きは初売に行く人か混んでたけど。

そうこうしているうちに久喜駅に到着、東武に乗り換えて1駅、鷲宮駅で降りた。


というわけで、今年の初詣の目的地は鷲宮神社だ。

嘘か本当か「関東最古の大社」と言っているが、わかっている範囲でもそれなりには古い。

初詣の参拝者も多いらしいが……駅を降りても歩いている人はまばら。

とりあえずは初詣らしい人について行くかと歩いて行く。

住宅地の間を抜けると、唐突に露店が並んでいる参道が見えてきて、人が一気に増えた。

どうも電車で来る人が少ないだけで、自動車で来る人は多いようだ。


さて、鷲宮神社の歴史は長いものの、非常に注目を集めるようになったのはここ10年ほどのこと。

アニメ「らき☆すた」(2007年)の作中に出てきた神社のモチーフとされていたことで注目されるようになった。

これにより現在は埼玉県内では初詣時の人出としては氷川神社についで2番目に多くなったとのこと。

その影響は今でもあって、街中を歩いていても「らき☆すた」にちなんだイラストなどが描かれている。

まぁ神社自体はこれということはないのだが。


参拝者が列をなしているので並んで、しばらくするとお参りできた。

参拝者になにか配っているのでもらうと「笑門福来」と書いたステッカーと「わしの宮の冨久福銭」と書かれた紙の包みをもらった。

ステッカーはさておき、紙の包みを触ってみると、なんか小さな円盤が入っている。

実は「わしの宮の冨久福銭」と書いた包みの中に入っているのはよく洗浄された5円玉なんだよね。

鷲宮縁起 冨久福さま(大黒様)は開運・招福・福授けの神様です。この冨久福銭はご参拝者の皆様のご縁が深まりますよう授与しております。
お受けになりました冨久福銭は財布等にお納め下さい。

他の参拝者が「5円玉は返すのか」とか言っていたのが聞こえてたが、この5円玉ってのはこれのことだったらしい。

うーん、お守りっていうのもいろいろだけど、5円玉そのものがお守りとはねぇ。

というわけで財布の中に納めておくことにした。無事に1年を終えたらさい銭にでもしよう。


境内にはいくつかのお社があって、適宜お参りしていた。

そこで気になったのが さい銭箱 がないこと。ないだけならよいのだが、すると参拝者は適当に小銭などぶちまけるんだよねぇ。

見た目も良くないし回収もめんどくさいでしょ。しつこいぐらい鉄製のポストを置いてある神社もあったが、それはそれでよかったのかなと思った。

そうして歩いていたら鳥小屋があった。どうも鳥にゆかりのある神社だそうで、こうして飼っているようだ。

帰り道に絵馬掛け所をちらとみたら、時節柄、合格祈願の絵馬が多いことはともかくとして、イラストを入れた絵馬も多かった。

そこは「らき☆すた」ゆかりの神社らしいのかなと。それで祈願している内容もいろいろだが、世界平和を祈ったものもあったなぁ。

こんな具合にいろいろな人の願いを受けている神社であることを確認出来た。


さて、改めて駅に戻り、東武で東京方面に向かってゆく。

東武は終夜運転区間は限られていて、鷲宮あたりは終夜運転をやっていない。

東武沿線で終夜運転での参拝を想定しているであろうところはさほどなくて、西新井大師(總持寺)ぐらい。

東武以外も使えるところだと浅草寺とかもあると思いますが。でも終夜運転は竹ノ塚(西新井の次の駅)までですからね。

ということで西新井駅で降りて、大師線に乗り換えて1駅、大師駅で降りた。

さすがに人が多くて、雑踏警備の警察官も多数、参拝ルートは全て往復を分離していた。

初詣といっても神社と寺ではずいぶん雰囲気が違って、境内にはスピーカーで僧侶の祈祷が垂れ流しになってて力強い。そういうところだよね。


ちなみに大師駅は改札がない駅で(有人改札の残骸だけ残っている)、改札は乗換駅の西新井駅にある。

普段はきっぷ売り場もないのだが、初詣の時期は臨時のきっぷ売り場があって手売りしているよう。

とはいえ、今はICカードの人が多いので、その臨時きっぷ売り場も暇そうだったが。

あと、初詣シーズン特有のアクセス手段として、亀有駅へのバスがある。

臨時バスなもんで乗り場がわかりにくいんだけど、駅の目の前だった。

このバスに乗って、綾瀬警察署前で降りると、北綾瀬駅のすぐそば。って実用上のメリットはさほどないんだけどね。

そんな妙なこともできるのが初詣シーズンらしいということで。


Author : hidemaro
Date : 2018/01/02(Tue) 22:27
日常 | Comment | trackback (0)

Tools