日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

出退勤時刻と照らし合わせる?

勤怠システムに新機能が追加されていた。

それが勤怠簿の出退勤時刻とPCのログイン・ログオフ時刻を比較する機能。

なんかもともと存在していた機能らしいんだけど、一般の従業員・管理職はアクセス出来なくて、監査用の機能としてだけ使われていたらしい。

ただ、昨今の事情を考えると、比較できるようにした方が透明性が高まるだろうという考えがあったそうだ。


昔の記録を見ると、入出門時刻を記録するシステムがあったらしく、

その頃は勤怠簿の出退勤時刻と入出門時刻を比較する機能があったらしい。

ところが、ある時期にこのシステムが廃止され、比較機能も廃止されたとあった。

その代替としてPCのログイン・ログオフ時刻を記録する機能を用意していたが、

入出門時刻の管理をやめるという建前があったからか、監査用の隠し機能にしていたようだ。


ただ、PCのログイン・ログオフ時刻が勤怠簿の出退勤時刻と一致しないことは普通に想定される。

最近は労働組合の仕事で、終業後に作業をすることが時々あるし、

逆に出張のときなどは、PCのログイン・ログオフは全く実態を表さない可能性がある。

というわけで差分があって妥当な場合は、その理由を補足することができる機能が付加されていた。


フレックスタイム(残業含む)の申告漏れを防ぐための仕組みで、ある程度は効果ありそうなのだけど、

一方で一致しないことは普通に想定されるので、ごまかす方法はいくらでもある。

従業員・管理職がそれぞれ申告漏れに気づくきっかけになることが目的だろう。

その程度の効果しかないんだよね。


その昔、入出門時刻の管理をやめちゃったのは、勤怠簿と単純比較できないという理由もあったのかもね。

PCのログイン・ログオフ時刻なんてさらに乖離が大きくなりそうだが(事業所に特別な設備が不要なのでそこはメリットかもしれないけど)、

そこは乖離が出る前提で作っているという話でしょうかね。

入出門時刻からの乖離が少ない職場なら、それが一番良くて、確か工場はそれに近い仕組みで今もやってたはず。

自己申告の要素もあるんだけど、ほとんど出退勤時の記録だけでことが済むという話だったはず。

使ったことないから詳しい仕組みは知らないんだけどさ。


Author : hidemaro
Date : 2017/10/11(Wed) 23:04
社会 | Comment | trackback (0)

Tools