日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

ゴーヤチャンプルーはシンプルだった

安くて面白そうな食材があるといろいろ試したくなるもので、最近はゴーヤに注目している。

確かにスーパーでゴーヤ売ってるけど、普通に使う食材じゃないし、ハードルは高い。

ただ、値段は割と安い。というか値付けがおおざっぱで大きいの買うとものすごくお得感がある。


代表的な用途がゴーヤチャンプルー、というわけでゴーヤの売り場にはゴーヤチャンプルーの素が売っている。

ただし、ゴーヤが安いのに対してこう言うのはあまり安くないんだよね。

というわけでゴーヤを買うか悩んでいたときに、ゴーヤチャンプルーの素を手に取って、

裏面に書いてある調理手順と原材料表示を見てみたら……これ、ごく汎用的な調味料で簡単に作れるぞ。

というわけで、ゴーヤと豚肉と豆腐を買って帰ったのだった。


それで実際にゴーヤチャンプルーの素の裏面を見た通りに作ったのだが、

それをなんとなく文字で書くのは雑すぎるので、味の素のWebサイトに書かれているレシピを引用しておく。

ゴーヤチャンプルー レシピ (AJINOMOTO PARK)

ゴーヤチャンプルーの作り方って親子丼とか作るのとやり方が似てるのよ。

まず、豚肉とゴーヤを炒めてだし汁で煮る、そこに豆腐を入れて、卵とじにするわけだ。

ゴーヤチャンプルーの素の裏面を見て、調理手順から卵とじであることがわかり、原材料表示からだし汁であることがわかった。

細かい事を言うといろいろあるかもしれないけど、だいたいそうだって分かれば簡単でしょ。


ゴーヤの他の調理法とかも試してみたんだけど、いかんせん苦い野菜ですから難しい。

その苦さを和らげて、いい具合にして食べられる料理はゴーヤチャンプルーぐらいしかないなと。

そんなわけで、2度目以降は大きなゴーヤを買ってきても一気にゴーヤチャンプルーにしてしまって、

それを冷蔵庫で保管して、小分けにして食べるということをやっている。

調理してすぐに食べるよりも、しばらくして味がなじんだぐらいが、苦さがほどよいので。

夕食とか朝食にゴーヤチャンプルーが足されるような感じで、なかなかいいポジション取りなんじゃないかなと。


この食材どうやって使うんだよっていうのはあるけど、意外と簡単に定番料理になることもあるって話ですね。

ゴーヤなんて買おうと思ったのは初めてだけど、調理法のアテも付けば、なかなかいい食材だと思った。


Author : hidemaro
Date : 2017/08/08(Tue) 23:57
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools