日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

TOICAエリアが拡大したとしても

JR東海・愛知環状鉄道がTOICAのエリアを拡大するそうで。

「TOICA」のご利用エリアを拡大します!(pdf) (JR東海)

2019年春から拡大予定とのこと。


今回拡大されるエリアは下記の通り。

  • 東海道本線 関ヶ原~醒ヶ井 (関ヶ原から名古屋方面は導入済)
  • 御殿場線 御殿場~下曽我 (御殿場から三島方面は導入済み)
  • 関西本線 四日市~亀山 (四日市から名古屋方面は導入済み)
  • 愛知環状鉄道 高蔵寺~岡崎(全線)

関西本線は四日市までって中途半端だなと思ってたんだけど、このたび、JR東海区間の全線に拡大されることになる。

亀山~四日市もそこそこ利用のある区間なのでメリットはありそう。

愛知環状鉄道は愛知万博のアクセス路線として活用されたのをきっかけとして、JR中央本線との直通列車が走るようになった。

あと、トヨタ自動車への通勤路線としての利用も広がってるようで、都市圏路線としての活躍の幅が広がっているそう。

というわけでこの2区間についてはTOICA導入は朗報なのではないかなと。


一方、東海道本線と御殿場線の導入区間だが、この区間の利用者自体は多いと思うんだけど、TOICAが使えるかというと微妙。

東海道本線で関ヶ原は岐阜県西端の駅で、今回新規導入される駅は全て滋賀県米原市にある。

ところが米原市の中心駅である米原駅や、その他滋賀県内・京都府内との乗車にICカードで使うことができない。

ICOCA近畿圏エリアとTOICAエリアをまたがって利用することはできないし、そもそも米原~醒ヶ井がICカード利用エリアから外されている。

御殿場線は新規導入駅でも足柄駅と駿河小山駅は静岡県にあるが、次の谷峨駅からは静岡県になる。

小田急との乗換駅である松田駅も新規にTOICAエリアになる駅なので、

松田駅で小田急に乗り換える場合などは神奈川県内・東京方面の利用であってもICカードが使えるのだが、

そのまま御殿場線を乗り通して国府津駅まで行ってしまうと、エリアまたぎになってしまう(かつ下曽我~国府津はどのICカードも使えない)のでICカードは使えない。


この問題はすでに東海道本線の函南~熱海間でも存在していた問題だ。

熱海駅と伊東線各駅は静岡県にあるJR東日本の駅でして、ここはSuica首都圏エリアになっている。

一方で熱海駅より1つ静岡側に進んだ函南駅からはJR東海の駅で、TOICAエリアになっている。

この断絶により、熱海駅・伊東線各駅から他の静岡県方面に行く場合はICカードが使えないことになる。

当然、熱海駅・伊東線以外の静岡県と神奈川県方面を行き来する場合もICカードが使えない。


使い道がないわけではないが、さほど使えないというのが東海道本線・御殿場線の拡大区間の実情だろう。

確かに、Suica首都圏エリアやICOCA近畿圏エリアとTOICAエリアが無制限につながってしまうと大変なので、

その歯止めとして、境界の1駅間をいずれのICカードの利用エリアから外すという対策をしているわけだが、

境界付近では非常に不便だという話になる。なんで両側の駅にICカード対応の改札機があるのに使えんのやと。

こういう例はJR東海絡みに限らず、 いわき(Suica首都圏エリア)~郡山(Suica仙台エリア) などもあるんだけど、

たいていは山越えの長い区間がICカード利用エリア外なので、明確な断絶というのがあるのが通常である。

ところが、TOICAエリアと他のICカード利用エリアの境目はたった1駅間をエリア外にしているだけという点でシビアである。


中国・四国地方のICOCAエリアはこの点について当初から考慮されている。

ICOCA/ご利用可能エリア/岡山・広島・香川・山陰エリア (JR西日本)

エリア内を岡山・福山地区、広島地区、香川地区、松江・米子・伯備地区の4地区に分け、その隣接地区まではICカードが使えるとなっている。

すなわち、広島~岡山とか、高松~岡山は使えるけど、高松~広島は使えないという段階的な制限をかけている。

将来的に近畿圏エリアとつながるかも、ということを考慮しているんだろうかね。(未だにつながっていないが)


ただし、エリアまたぎの利用でもICカードが全く使えないというわけではない。

というのも三島駅の自動精算機にSuicaエリアの一部からICカードでの精算に対応しているとポスターが貼られていたのだ。

すなわち、熱海駅でICカードで乗って、三島駅で自動精算機に入れて精算すれば、実質ICカードで乗れると。

こういうことができるのはごく一部の駅で、なおかつ限られた範囲だけなのだが、役立っていると聞いている。

あと、券売機がICカード対応になれば、きっぷは買わないといけないとしても、きっぷを買うのにICカードを使える。


これを機に境界付近で段階的な対応ができるようになるとよかったんだけどね。

例えば、関ヶ原~醒ヶ井に限ってはICOCA近畿圏エリアとの間で利用できますとかね。

Suica首都圏エリアは広いから、静岡県東部から神奈川県・東京都内のJR駅に限るとか、そういう制限になるのかな。

あんまり複雑なことを言うと混乱の元かも知れないけど、主な利用に対応できればよいとも言えるので。

技術的にはできそうなんだけど、既存のシステムだけでは対応できないだろうから、ハードルは高いのかもね。

静岡県東部のことを考えれば、やる価値はあると思いますがね。


Author : hidemaro
Date : 2017/07/25(Tue) 23:00
交通 | Comment | trackback (0)

Tools