日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

山越えて会津へ

今市で晩ご飯を食べてから鬼怒川温泉に行ったから、着いたときは景色なんて見えなかったんだけど、
明るくなってみると鬼怒川というのはずいぶん下を流れてるんだなと気づく。景色はいいな。
駅まで歩いていく途中、東武と古河電工の保養所があるのをみた。
今時、直営の保養所なんて割に合うのかね。まぁどちらもこのあたりに事業所を有する会社ではあるけど。
鬼怒川温泉が寂れて見えるのは、空き家が目立つからだろうか。
もしかしたらこれもある会社の保養所だった時代があるのかも。そんな見た目の建物がけっこうある。
昨日、日光駅で西若松までのきっぷを買って、途中下車しているが、
実は東武の自動改札機は途中下車に対応していなくて、問答無用で回収されてしまう。
駅員に見せて途中下車だと言えばなにもないんだけど。そう下今市駅で失敗したんだ。駅員に言ったら取り返せたが。
それで鬼怒川温泉駅から会津若松行きと示したディーゼルカーがやってきた。
えっ、東武の駅にディーゼルカーやってくるの?って驚くけど、会津から4往復やってくる。
運賃だけで乗れる快速列車だが、リクライニングシートを装備してたり、特急並みの扱いだ。
乗り込んでしばらくしたら東京からの特急がやってきて、乗り換えを待って会津に向けて出発した。
ところで、今市経由で会津というのはあまりイメージが沸かない人もいるかもしれない。
東武は鬼怒川温泉の2つ先の新藤原駅までだが、そこから先、福島県に入るまでの区間は野岩鉄道の路線になっている。
この野岩鉄道の運行形態は東武と一体化されていて、基本的に普通電車は下今市発着で走っている。
だから会社またぎという気はあまりしない。そもそもここで乗ってる車両は会津鉄道所有の車両だし。
野岩鉄道はトンネル続き、けわしい山なんで温泉ぐらいしか目印がないのか、温泉にちなんだ駅名がやたら多い。
福島県に入って会津高原尾瀬口駅からは会津鉄道になるが、会津鉄道は国鉄時代から走っていた路線らしい。
野岩鉄道は東武と会津鉄道の間を結ぶ新路線を作り、東京~今市~会津のルートを完成させたと。そういうわけ。
会津鉄道は会津高原尾瀬口~会津田島が電化されていて、東京からの直通特急も入る。
会津田島~西若松(~会津若松)は非電化だからディーゼルカーしか走らない。
会津鉄道はもともと非電化だったのだが、野岩鉄道(当初から電化)に東京からの直通列車が来るようになって、
さらに会津鉄道内にも、と考えて電化の難易度の低い区間だけ電化して、直通列車の入れる区間をのばしたというのが真相らしい。
だから会津内の移動としては重要性が高そうな若松側の区間はディーゼルカーしか走れないんだと。
なので東京(浅草・北千住)~会津若松では1回は乗り換えが必要となる。その乗換駅は場合によりけりだが。
西若松駅で列車を降りた。地図で見るとここが鶴ヶ城の最寄り駅に見えたから。
確かにそうなんだけど、たぶん、隣の七日町駅あたりが中心市街地なので、ここを起点にするべきだったんだよね。
会津若松駅まで乗ってしまうと市街地の北端あたりになってしまうのでかえって都合が悪そう。
だまされたと思いながら、幹線道路を歩いていくと、鶴ヶ城入口とあったので、ちゃんと到達できた。
鶴ヶ城のあたりは官庁街になっていていろんな役所がある。
地図で見ると「大熊町役場会津若松出張所」という不思議な役所がある。
会津若松市役所の一部を間借りしているようだが、なんと浜通りの大熊町の行政機能が会津に避難しているのだという。
比較的多くの住民が避難してきたということでこういうことになったようだが、大変なことだ。
そもそも生活圏も大きく異なるわけで、ここに避難するというのは重い選択だろうし、まだ近くのいわきとか郡山とかに避難している住民も多いでしょうし。
ほかの地域に住む避難住民のためのサービスも一定やらんとならんし、なかなか大変な役所だと思うよ。
ちょうど法務局の近くに測量点があって、2011年の地震の前後でどれぐらい動いたか書いてあったのだが、
水平方向で1m以上、垂直方向では8cmほど沈下したということで、比較的震央から遠いイメージのある会津でもけっこう影響があったようで。
わりあい被害の少ない地域だったからこそ避難者を受け入れられたんだけど、それでも数字を見ると驚く。
若松の市街地を散歩していると野口英世博士の名前をぽつぽつみる。
どうも野口さんが医者を志し、まず勉強したのがこの会津若松だったらしい。
それにちなんで野口英世青春通りなんてのがあったり、野口英世青春館なんてのもある。
なんで青春をアピールするのか?生まれたのは猪苗代で、ここに野口英世記念館などがあることへの配慮だろう。
過ごした期間は短いが、彼にとって重要な土地だったということがポイントというわけ。
知っての通り、野口英世博士は千円札の肖像になっていて、採用されたときには若松の人もずいぶん喜んだようだ。
ゆかりの地というのはいろいろあって、生まれの猪苗代もそうだし、黄熱の研究をしていた南アメリカ・アフリカもそうなんだけどね。
鶴ヶ城に戻ってきて、天守閣の中に入る。
入ると涼しいと思ったのだが、地下階部分は籠城用の食料を保存する倉庫として実際に活躍したそうだ。
というわりには中は博物館建築になっているし、展示の中で鶴ヶ城は取り壊されたとある。
そう、これは現代になって再建されたものだ。だいたい知ってたんだけどね。
実は会津藩は幕末に新政府軍にこてんぱんにやられてしまい、その後、無主の城となったときに壊されちゃったのよね。
籠城と書いたのはこの新政府軍との戦いのことを言っていて、1ヶ月は耐えたそうだ。でもダメだったと。
再び西若松駅、この駅は一見JRの駅なのだが、実態は会津鉄道の駅だ。
というのも窓口の人って会津鉄道の人だそうで、平然と浅草までのきっぷも売っている。
列車もJRよりも会津鉄道の方が本数が多い。西若松~会津若松はJRだが、会津鉄道からの乗り入れの方が多い。
東武・野岩鉄道・会津鉄道は連帯して各社相互ほとんど自由にきっぷを買えるが、JRを含むきっぷというのは買いにくい。
僕は西若松からのJRのきっぷは別途手配しておいたけど、そうでなければ東武方面からはJR分は会津若松駅で精算かね。
会津若松駅まで会津鉄道の汽車で来て、そこから郡山行きの電車に乗り換え。
今日の宿は郡山だったのだ。
郡山駅というと以前、新幹線と在来線の乗り換えで通っているので、見覚えはあった。
ただ、外に出るのは初めてで、やはり福島と県庁所在地を争うだけの大都市に見えた。
もっとも宿まで少し歩いていくとすぐに住宅地になっちゃうんだけどね。
明日は山形県に行く。
郡山に泊まったのも、山形まで新幹線1本だからって話。
山形県は日本海側の庄内地方は行ったんだが、内陸の方に行くのは初めて。
福島県もそうだよね。浜通りにはたびたび行ってるが、会津に行くのは全く初めて。
東北の各県、どれもこれも広いから、地域ごとの差が大きいんだよね。そんなことも意識している。
Author : hidemaro
Date : 2017/07/12(Wed) 22:26
記録 | Comment | trackback (0)

Tools