日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

同じメーカーだから似てることもある

昼過ぎから出かけてたんだけど、やっぱり昼間に外を歩くとクソ暑いな。

なんやかんや言って出勤・退勤のときはまだ涼しいってことだ。

それでもずいぶん厳しいけどさ。


職場で昼休みに アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ で遊んでたら、

それを見て「『太鼓の達人』みたいだな」という感想を言う人がいた。

言うほど似てない気はするんだが「同じメーカーだしね」と返した。

どちらもバンダイナムコエンターテインメントのゲームではある。


実際、同じ会社のゲーム同士でコラボレーションをやっていて、

スターライトステージでもそれにちなんで「エンジェル ドリーム」という曲が収録されている。

太鼓の達人のオリジナル曲をシンデレラガールズのアイドルが歌って、スターライトステージの楽曲として収録したという経緯がある。

このとき、太鼓の達人風の表示・効果音を選べるようにするオプションが追加されている。(ゲーム性は変わらない)

このように同じ会社だからやり放題ではあるのだが、基本的にはそんなに似てないよ。


そんなことを言ってたら、本当にそっくりのゲームが出てきた。

それが「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」である。

たくさんのLR44が灯す

最後の方に書いた「スマートフォン向けの新作ゲーム」というのがこれ。半年ぐらいして出た。

このゲームが本当にスターライトステージとそっくりの見た目で、リズムゲーム部分のシステムもかなり似ている。

ユーザーインターフェースもスターライトステージを意識して作ったことが読み取れる。

全くの独自機能「ソロライブ」もスターライトステージのバグ(縦MV)から発想を得たものでは? なんて話もあるぐらい。

シアターデイズ全体のアーキテクチャとしてはアーケード時代からのアイドルマスターから引き継いだ部分が多そうなんだけど、

スタートフォン向けゲームとして必要な部分とリズムゲーム部分はスターライトステージを見て作ったんだろうなと思わせる部分が多い。


似てるって言っても同じ会社かつ同じシリーズだしね。

ただし、シンデレラガールズ関係のゲームは全てCygamesが開発・運営を受託していることが知られている。

Cygamesはモバイル向けのゲームを中心とした会社だけど、PlayStation VR向けの「アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション」すらCygamesの開発と明言されている。

そして、ミリオンライブ関係はそうではないことが知られている。(バンダイナムコ内で開発していると思われている)

なので、似たようなことをやっているとしても中身はけっこう違う可能性はあるのかもしれない。


世の中、「これパクリだろ」ってことはいろいろあるけど、世の中には正当なパクリというのもあるということだ。

同じメーカーで似ているというのはその一例だが、そればかりでもない。

実は同じところに委託してたり、ライセンス契約があったり、そういうのもあるんじゃないかなぁ。

正当にパクれるならそれはそれでよいことかもしれないので。

シアターデイズでスターライトステージで積んだ実績が生きているのはよいことだと思っていますから。


Author : hidemaro
Date : 2017/07/09(Sun) 23:55
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools