日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

ポケットベルが食ってしまった

以前、電話番号逼迫の話を取り上げたとき、固定電話のことも書いた。

携帯電話と固定電話の番号逼迫対策

固定電話でこのような対策が積極的に行われたのは1990年~2000年代の20年間ほどの話である。

なんでこんな時期になって固定電話の番号が足りなくなっちゃったのか?

もう電話も普通に普及していた時期でしょうから、急に足らなくなってしまったのは不思議である。


調べたところ、原因の1つはポケットベルにあったようだ。

ポケットベルはNTTドコモの商標だったから、一般的にはページャーなど呼ぶべきだったが、他社も含めてポケベルと呼ばれてたそうだ。

確かに昔はポケベルが外で唯一連絡を受けられる手段ということで重宝されたし、数字だけで物事を伝えようとした人たちがいたという話もあった。

もとは、公衆電話などから折り返しかけてもらう電話番号を伝えるだけの道具だったから、当初は数字しか送れなかったのよね。

その程度のことは知ってたが、1台のポケベルに1つの電話番号、それも基本的には固定電話の電話番号が割付いてたのは知らなかった。


現在、ポケベルのサービスを行っているのは、東京テレメッセージ・沖縄テレメッセージの1グループだけである。

電気通信番号指定状況を見てみると、3から始まる市外局番(=東京MA)の割り当てには「東京テレメッセージ」がたくさんある。

4から始まる市外局番でも千葉MA、川崎MA、横浜MA、浦和MAに東京テレメッセージの割り当てがある。

現在、全国展開しているポケベル事業者がいないので確かなことは言えないが、

県庁所在地やそれに準じる都市でポケベル用に固定電話の電話番号が多く払い出されたことがわかる。

今となってみれば県庁所在地で4桁の市外局番を使ってる地域はかなり減ってしまったが、この原因はだいたいポケベルのせいだとされている。


ポケベルはいつ頃まで活躍したのか?

基本的にこの代替とされたのは携帯電話である。それも第2世代のPDCからである。

PDCは1993年にNTTドコモがサービス開始し、1994年にIDO・DDIセルラー(現KDDI)がPDCを開始、デジタルホン(現SoftBank)がPDCで新規参入という状況。

1996年~1999年にかけてポケベルの利用者は激減し、その一方で携帯電話の利用者は爆発的に増えていったわけである。

爆発的に増えた携帯電話利用者のために080番号が2002年から新規に使われるようになったということである。


ただし、これだけでは固定電話向けの番号逼迫の理由はすべて説明できない。

なぜならば、電話番号2桁化まで追い込まれた柏MA・所沢MA・鴨川MAはポケベル向け電話番号の払い出しの影響を受けたとは思えないからだ。

これはNTT東日本・西日本以外が固定電話に新規参入するために新たな番号帯の割り当てをうけたからだと言われている。

新規参入するには番号帯をもってないとどうにもならないから、各社が割り当てを受けた結果、足りなくなってしまったと。

NTTからしてみれば番号が歯抜けになってしまうが(番号ポータビリティで持って行かれる場合もあるが)、

その一方で既存の電話番号を整理して返上するなんてこともできないから、なんとか工夫して新規番号帯を作ったわけである。

もともと狭かったから新規参入の余地が全くなかったのよね。逆にもともと広かった地域はポケベルに食われちゃったと。


しかしポケベルねぇ。

文字を伝える手段としては意外と長く使われたという話もあって、

例えばニュースが流れる自動販売機はポケベル網で文字を送って表示してたとか聞いたことがある。

通信できる情報は少ないが遠くまで電波が届く(なんとVHF帯である)ということにこだわっていた人もいたようだし、

電波の放射がないので医療現場などで使うこともあったらしい。(この用途ではPHSも長く使われたが)

しかし、全国規模で展開していたNTTドコモが2004年に新規申込み停止、2007年にサービス終了ということで、

ほとんどの地域でポケットベルは使えなくなってしまった。

全滅ではないんだけど、全国展開されなくなってしまうとなかなか。


今にして見ればポケベル1台に固定回線の電話番号1つというのはもったいない気がするが、

電話というインターフェースを使う上で好都合なように考えた結果がこの方式だったんだろうね。

個別に電話番号がなくても、基地局に電話をかけて、ローカルな識別記号とメッセージを伝えてもよかったはずだから。

この電話番号(ベル番とも呼ばれたらしい)は端末を識別する記号としても使われていたそうである。

後に電子メールというインターフェースもできたが、こちらも端末を識別するのは電話番号だったのだ。


しかし、これでもまだ電話がかかる前提で電話番号を割りあててるわけで、データ専用回線の携帯電話番号はもっともったいない。

こいつらは絶対に電話がかかることはないし、SMSを送ることもないのだから、識別記号以外の意味は無い。

だからこそ人間が電話かけない・SMS送らない電話番号には020番号を使ってくれって話になったんだろうけど。


Author : hidemaro
Date : 2017/01/28(Sat) 21:32
社会 | Comment | trackback (0)

Tools