日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

喫煙者は消えてしまった

以前、社内で喫煙所が追いやられてるという話を書いた。

喫煙所が追いやられた先にあるもの

うちの職場ではもっと追いやられてるという話。


この記事を書いた時点でいた職場では、喫煙者は多かった。

なので喫煙所のことが職場で話題になることは多かった。

ところが今の職場に来ると、タバコを吸う人が皆無で、

タバコ休憩でいないということがあり得ないという状況になっている。

けっこう衝撃的な話で、社内で見ても世間的に見ても、ここまで徹底されている職場というのは珍しいことだろうと思う。


ただ、昔の話を管理職から教えてもらうと、「昔はこの職場もヘビースモーカーが多かったのだが」という。

退職していなくなったわけではなく、今の現役で仕事をしているわけだが、

かつてはヘビースモーカーだったとしても今は仕事中全く吸わないようになってしまったのだという。

今の職場からは信じられない話だが、そういう経緯があったのだという。


転職してきた人がいて、その人はかつて、仕事場でタバコを吸うような人だったらしい。

今時、仕事場でタバコを吸うことができるというのは驚きだが、そういう職場だったらしい。

ところが転職してこの職場にやってきて、タバコを吸う人が皆無であることに驚いたらしい。

そんな状況だから、喫煙所の場所を教えてもらう気にもならず、

そうやっていたら、いつしかプライベートも含めタバコから遠ざかってしまったのだという。

そのエピソードを聞いて驚いたわけだが、まわりの影響でタバコをやめた人は少なくない気がする。


ここまで禁煙が徹底している職場は社内でも珍しいのだが、

全社的な方針として禁煙の推進というのは掲げている。

職場により受け入れ方は違うものの、この職場はその点ではきわめて先進的である。

これが全社に広がれば喫煙所撤去になりそうだけど、今のところは難しそうね。


Author : hidemaro
Date : 2016/09/07(Wed) 22:55
日常 | Comment | trackback (0)

Tools