日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

シャワーヘッドだけなら簡単に交換できる

最近、シャワーヘッドからの水の噴き出し方が妙に広がるようになったのが気になっていた。

狭い風呂場でシャワーが広がるのはあまりうれしくない。

いろいろ思うところもあったのでシャワーヘッドを交換することにした。


ホームセンターなんかではシャワーヘッドだけ普通に売っているわけだし。

シャワーヘッドの交換というのはわりと簡単らしい。

それならばということで交換することにしたわけだが、期待した効果は2つある。

1つは水流が広がりすぎないこと。もう1つは低い水圧でも水勢が出ること。

水勢は元々そこまで悪くはなかったのだが、簡単に交換して多少改善できるのならば悪い話ではない。


シャワーヘッドの交換で重要なのは、今のシャワーヘッドがホースから外れるかどうかである。

これがなにより肝心だ。これが外れないならホースごと交換することになりそう。

もう1つの注意点がシャワーヘッドの接続部、メーカーによって違いがある。

TOTOとLIXILがともに採用している形式があって、標準的にはこの形式が使われている。

この形式に合わないのが3種類あって、これは一般的にはアダプタで対応となっている。

だから、この形式に合わない場合はアダプタ同梱じゃないと困るが、基本的にアダプタ同梱だからまず問題ない。

で、調べたところ、今のシャワーヘッドには「KVK」の刻印があった。KVKはTOTO・LIXILとは違うらしい。

ということで店に行ったときにKVK用アダプタが入ってるか確認したが、普通に入ってたので問題なしと。


交換手順は、シャワーヘッドを外して、付けるだけ。

うまく外れれば手で回すだけでできる。

ちょっと堅かったけど、ちゃんと外れたので、じゃあシャワーヘッドだけで大丈夫だと確認してから買い物に行っている。

注意書きにも書かれているが、シャワーヘッドを付けるときはホース側の金具を回すのがポイントだ。

というのも無理に取り付けてしまうとねじ山を壊してしまうことがあるので。

シャワーヘッド側を回すのではなく、ホース側の金具を回すと安全に確実に取り付けられる。

実際、買い物に行く前にシャワーヘッドが外れることを確認して、再度付けようとしたときにシャワーヘッド側を回したらねじ山壊れたからな。

ここだけ注意すればそんなに難しい話ではない。外れさえすれば。


で、効果のほどは? という話だけど、多少は水の勢いが強くなったし、水の広がり方も前よりは素直になった。

ということで、それなりに効果は出ている。

シャワーヘッドの値段も思ったより安くて、1600円ぐらいでできている。

特別な道具がいらないので、手軽に挑戦できるのもよかった。

意外と簡単なのだ。あまり交換しようとは思わないところだけど。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/27(Mon) 23:50
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools