日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

本部長は取締役でもある

職場に流れてきたある文書に「○○取締役」なんて書いてあって違和感があった。

だって、社内で通常、本部長の肩書きで言われることが多いから。


社長だとか会長だとか専務だとか、会社のえらい人の肩書きもいろいろだが、

会社法上はかなりシンプルである。

役員というのは取締役・会計参与・監査役の総称であるとだけ定義されている。

監査役と会計参与は取締役の仕事を監査したりする立場だから、

会社の組織でえらい人といえば取締役しか定義されていないということになる。

あとは代表権を持つ取締役を代表取締役として決めることができるぐらい。(代表取締役がいなければ全取締役が代表権を持つ)


ただ、多くの会社では取締役とは別に社長だとかの職位を与えていることがある。

それをくっつけて「代表取締役社長」とか「取締役専務」とかそういう言い方をすることが多い。

さらにいうと取締役以外の幹部に執行役員などの職位を与えることがあり、「執行役員常務」とかいう表記も見る。

執行役員というのは会社法上の定めはなくて、それらしい名前を付けているだけのことである。

というわけで会社のえらい人に付けられた肩書きのうち、会社法で意味があるのは「取締役」「代表取締役」だけで、

それ以外は各社勝手に決めているだけである。極端なことを言えば経営上の何の権限もない従業員に「社長」と付けてもいいのだ。


さすがに社内でも社長は社長なのだが、それ以外の取締役などの肩書きというのはほとんど無視されている。

専務だとしても専務という肩書きだけで社内に存在することはなくて、

本部長とかそういう肩書きが別にあって、どちらかというとそちらの方が組織的にはなじみがある。

本部長でも取締役になっている人、執行役員など取締役以外の役員として扱われている人が混在している。

けど社内では等しく本部長ですからね。本部によって規模も違うから本当に同じかはわからないけど。

一応、社内でも特に重要な本部の本部長が取締役にはなってそうだけど、関係あるかはよくわからない。


もう1つ違和感を覚えたのが「○○社長」じゃなくて「○○取締役」とか「○○執行役員」と書かれていたところだ。

社長といっても親会社の社長ではなく、子会社の社長である。

グループ会社にいくつも会社があるから社長も何人もいる。

そんな社長には親会社の役職を兼務している人も少なくない。

ただ、通常は子会社側の役職で呼ばれることが多いと思うんだけどね。そっちのリーダーという色の方が濃いから。

親会社だけを見れば取締役の一に過ぎないかもしれないが、グループ全体で見ればある会社の社長という方がしっくりくる。

ものすごく違和感がある表記だった。


こういう上層部の人には、外向きの顔と内向きの顔があるってことよね。

役員一覧を見ると 「取締役専務 ○○○○ (担当:○○本部長)」「取締役 ○○○○ (担当:XXXXX社長)」のような形で紹介されているので、

内部的にはどういう立ち位置であるかというのも紹介されている。

こういう形で対外的に出ることがあまりない人ならば 「○○センター長」 とか 「XXXXX(子会社)社長」 とか社内での呼び名だけが存在するだろうから、

そういう立ち位置にあれば相当にえらいということは確かかと思う。それがわかりやすいかはともかく。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/23(Thu) 23:56
社会 | Comment | trackback (0)

Tools