日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

万世橋を渡ったらすぐ

最近、秋葉原界隈にいくときによく使うのが淡路町駅・小川町駅である。

ケチくさい事情もあるのだが、意外にも便利な立地なのだ。


秋葉原界隈へのアクセスで最たるものはJR秋葉原駅を使うという方法で、

山手線・京浜東北線と総武・中央線各駅停車の交差する要所であることからも利便性が高い。

家から素直にアクセスするならJRで行くんですけどね。

もう1つ、銀座線末広町駅も最寄り駅の1つとして知られている。

地下鉄で行くなら末広町駅というのが一般的な考えだ。


そもそも淡路町駅・小川町駅ってどんな立地かという話なのだが、

万世橋南詰の須田町交差点の1つ西側の淡路町交差点に埋まっている駅だ。

万世橋まで最短ルートを歩いて行くと、JR神田万世橋ビル、旧交通博物館の跡地のビルの横を通る。

そして万世橋を渡ればすぐに電気街だから確かに近い。

万世橋を渡るところでオフィス街から色とりどりのビルが並ぶ街になるところも趣がある。


それにしてもあえてこの両駅を使うメリットは何なんだろうか? そう思った人もいるかもしれない。

僕にとっては、この両駅で東京メトロ・都営地下鉄を乗り換えるという名目で寄り道できるというのが大きい。

東京メトロ・都営地下鉄連絡乗車券を紙のきっぷで買うと、両社の乗換駅では乗り換え時間の制限がない。

例えば (新宿線)新宿駅→渋谷駅の連絡きっぷを買うと280円で買える。

このきっぷには特に乗換駅の制限がないので、小川町駅・淡路町駅で乗り換えるという選択肢もある。

そこで小川町駅で降りて、淡路町駅の改札に入り直すまでの間に寄り道をするのである。2時間ぐらい。

その後、淡路町駅から丸ノ内線に乗り直して、最終目的地に行けばよいわけだ。

ICカードだと東京メトロ・都営地下鉄間でも30分の時間制限があるのだが、紙のきっぷだとこの制限がない。

紙のきっぷでも会社をまたがない乗り継ぎは時間制限があるんだけどね。なぜかこのケースだけ時間制限がない。

これにより、新宿→渋谷をストレートに移動(JRで154円)するのに126円ほど付け足せば秋葉原界隈に寄れるわけである。

そういうケチくさい発想で使っているわけだが、おかげで東京に行ったときに大した用がなくても気楽に寄り道できている。


そういうケチくさい話は別としてもメリットはあるんじゃないかと思う。

東京の地下鉄というのは接続駅がなくて、かゆいところに手が届かないことがしばしばある。

いかに銀座線末広町駅に行きたくても、銀座線に乗り換えるのが不便ではどうしょうもない。

けど丸ノ内線なら便利だという場合には、淡路町駅を目指せばよいのだ。

都営地下鉄の駅からだと会社をまたぐと運賃面で割に合わないこともあるが、

都営地下鉄だけで小川町駅に来ると安上がりでお得なことも多いだろう。


地図を見てみると他にもいろいろ使えそうな駅もある。

過去に僕が使った実績があるところでは、岩本町駅・新御茶ノ水駅がある。

岩本町駅も万世橋を渡って電気街に入るという点では似ている。新宿線で小川町の隣ですからね。

岩本町駅は日比谷線の秋葉原駅との乗換駅になっており、東京メトロ・都営地下鉄の乗換のときに寄り道するときに使っていた。

が、日比谷線の秋葉原駅の立地があんまりだし、日比谷線が便利なケースがあまり多くないのが残念。

岩本町駅の立地自体はなかなかよいけど、万世橋へは小川町駅の方がちょっと近い気がする。

新御茶ノ水駅はJR御茶ノ水駅の乗換駅であり、なおかつ小川町駅・淡路町駅の乗換駅にもなっている。

近そうなんだけど、電気街への導線という点ではちょっと微妙かなぁ。距離的には悪くないはずなんだけど。

ただ、聖橋を渡ると神田明神に近いので、そこに絡めるとおもしろい。

千代田線が便利な人はそういうルートを好き好んで使ってそうなものだが。


ところで、交通博物館があったあたりはもともと中央本線の万世橋駅のあったところで、

電車に乗っているとこの場所に旧万世橋駅を表すモニュメントがある。

今も万世橋駅があれば、オレンジ色の電車で秋葉原界隈に行きやすかったのになと思うのだが、現実にはない。

当初、万世橋駅は中央本線の東京側のターミナルで、東京市電(当時)の一大拠点であった須田町交差点とあわせて乗換客で賑わっていたそうだ。

ただ、万世橋~東京の開通で中間駅となり、神田~上野の開通で市電を使う人が減り、利用者は激減したそうだ。

そして神田駅・秋葉原駅が近くにあって代替可能という判断もあって休止に追い込まれた。

もし、万世橋南詰、須田町交差点が今も交通節接点として生きていたら、便利そうだなと思うんだけど、

そうなる前に諸般の都合で見捨てられてしまったのが実情ということだ。なかなか厳しいもんですね。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/19(Sun) 23:25
交通 | Comment | trackback (0)

Tools