日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

3種類もポイントがあるんだけど

6月からイオンはWAON POINTという新しいポイントサービスを始めた。

イオンカード会員と個人情報登録をしたWAONを持っている人はすでにWAON POINT会員ということで、

僕もWAON POINT会員ということになる。既存の使えるものは使うという考えである。

その上で現金客を新しく対象にできるというところが狙いですかね。


と、それはよいのだが、既存のポイント制度をすべて統合したわけではないので複雑なのだ。

店に置いてあったチラシによれば以下の通り。

  • WAON POINTカード 現金払い:200円あたり1WAON POINT
  • 電子マネーWAON(会員登録あり) WAON払い:200円あたり1WAON POINT + 1ヶ月単位で集計して500円あたり1WAON POINT
  • 電子マネーWAON(会員登録なし) WAON払い:200円あたり1電子マネーWAONポイント
  • イオンカード
    クレジット払い:200円あたり2ときめきポイント
    WAON払い:200円あたり1WAON POINT + 1ヶ月単位で集計して500円あたり1WAON POINT
    現金払い:200円あたり1WAON POINT

まず、WAONは会員登録の有無でポイントの加算先が変わる。

会員登録なしのWAONは従来通りWAONに内蔵されたポイント(チラシでは「電子マネーWAONポイント」と表記)がたまる。

一方で会員登録をしたWAONで決済するとカードの外でWAON POINTが貯まる。ただしWAON POINT加盟店以外(ファミリーマートとか)では従来通りカード内にたまる。

新WAON POINTも基本は200円で1ポイントだから従来と一緒なのだが、1ヶ月単位で集計して500円あたり1WAON POINT付与するということで、

これを会員登録のインセンティブとしたいという考えだろう。これは従来のWAONユーザーには朗報かも知れないが、ポイント付与先が分かれるのは不思議だ。

なお、WAONで貯めたWAON POINTは「電子マネーWAONポイント」を経てWAONチャージできる。WAONステーションでは連続して交換できそうだが。


もっと複雑なのがイオンカードである。

クレジット払いの場合は従来通りときめきポイントが付与される。

そこがWAON POINTに統合されないのは不思議なのだが、WAONに比べて不利にならないようにイオングループ各店ではポイント倍押しになる。

一方のWAON払いの場合はクレジットカード一体でないWAON同様に200円あたり1WAON POINT + 1ヶ月単位で集計して500円あたり1WAON POINTと。

イオンカード払いだとポイント付与率1%、WAON払いだと0.5%+0.2%=0.7%だから、イオンカード払いの方がお得な気がする。

ただし、WAONだけポイント5倍とか、ボーナスポイント対象商品とか、WAON払いなら通常よりポイントが貯まるところはイオンカードでは無視される。

結局、どっちの方がお得なのよって話になると難しい。ただ、1つだけ確かなことがある。

それはイオンカードセレクト でイオン銀行口座からWAONチャージするのに勝るものはないということだ。

イオンカードセレクトでイオン銀行口座からチャージするとチャージ時に0.5%分のWAONポイントが貯まる。その代わり即時引落だけど。

これに加えてWAON POINTが0.7%付与されれば計1.2%である。イオンでの買い物が楽しくなる数字だ。


将来的には ときめきポイント はWAON POINTに統合されそうな気はするんだけどね。

ただ、ときめきポイントは交換先がすごく多いので、すぐにWAON POINTに統合してしまうと不利益となりかねない。

なのでとりあえずはときめきポイント倍押しでお茶を濁しておこうという考えかな。

WAON POINT対象店舗でのイオンカード払いは ときめきポイント + WAON POINTで分けて付与するようにすればよかったと思うんだけどね。

技術的にはあまり問題は無いし、WAON POINTの用途がいまのときめきポイントぐらいまで広がったらそれはそれで有益だろう。

一方で旧WAONポイント と 新WAON POINTだが、これは将来的にも残るんじゃないかな。

なぜわざわざ新しいポイントを別に用意したのかというと、新ポイントはオンラインで管理をしたかったからだろう。

WAON POINTはインターネットでの付与・消費も想定しているだろうから、カード内蔵のポイントでは不都合がある。

かといってカード内蔵のポイント制度を廃止すると、WAON POINTとは関係ないところまで影響が出る。

しかし会員登録の有無で付与先が変わると言うのは不思議な仕組みだ。従来と比べて不利益にならないようにした結果なんだろうが。


イオンの狙いは現金客の囲い込みなんだろうなと。

イオンは現金客をWAONに取り込むことに一定の成果を挙げてきた。レジで現金チャージする人多かったからな。

ただ、一方で20日・30日でイオンカードを出して現金払いする人がいることも事実だ。

今後は20日・30日以外でもイオンカードを出して現金払いも意味をなすようになるし、

今までイオンカードを持ってなかった人も無料でWAON POINTカードを作ってもいい。

レジでも現金払いの客にはWAON POINTカード作りませんかと勧めてたな。


ただ、僕がイオンで買い物するときは基本的にはSuicaなんだよな。

さすがにSuica払いでWAON POINTは対象外だよね? 特に聞かなかったけど。

20日・30日とかだとWAON使うんで、そのときは関係がある。

とりあえずWAON POINT会員ではあるので、WAON払いではWAON POINT側にポイントが貯まることだけ知っておけばOKですかね。

イオンカード払いは ときめきポイント が1000ポイント貯まらないのでとりあえずはあまり使わないかな。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/11(Sat) 22:33
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools