日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

埋立地への足はなかなか選びにくい

先日、お台場界隈に出かけていたという話を書いた。

芝公園と台場公園に行く

行きは新橋駅からゆりかもめで行ったと書いたが、

帰りはりんかい線新木場経由で帰った。だって安かったから。


そもそも、あのあたりの埋立地へのアクセス手段としては、主に

ゆりかもめ、りんかい線、都バス(主に晴海通り経由)、kmバス(レインボーブリッジ経由)が想定される。

この中でりんかい線は頻度、スピードに優れる選択肢といえる。適用範囲も広い。

ゆりかもめは狭苦しいから混雑しがちだが、りんかい線の電車は大きいのでその点でも優れる。

というわけで現在はりんかい線を利用する人が一番多いのではないかなと。

ただし運賃はそれなりに取られる。逆に運賃が割安なのがバスだが。


大崎方面からのりんかい線は他のルートに比べて圧倒的に有利な区間が多いというのはある。

大崎から埼京線方面への直通運転があるので、新宿駅、渋谷駅などからはこれが速くて安い。

あとは大田区方面からの場合、例えば羽田空港からモノレールで天王洲アイル駅に行き、りんかい線に乗り換えるとか。

羽田空港からだとバスってのもあるんだけど。それは置いておいて。

ただ、りんかい線でも新木場経由が圧倒的に便利というのは、浦安方面からの京葉線はともかく、

ただ、東京都心方面からだと、大崎経由が便利な範囲、ゆりかもめが便利な範囲と複雑に入り組んでいるので簡単ではない。

ゆりかもめも新橋からは明らかに便利そうなのだが、他はどうだろう?


ということでいくつかの例を挙げて計算してみる。

まず池袋~東京テレポート、大崎経由で埼京線電車に乗れば乗り換え無し、新木場経由だと新木場まで地下鉄一本だから乗換1回、どっちも便利そうだが……

大崎経由だと30分前後で運賃は523円、新木場経由だと45分前後で504円、運賃はわずかに新木場経由が安いが、速いのは大崎経由と。

距離的にはほぼ同じぐらいで、大崎経由だと埼京線電車の停車駅が少ないとか、地下鉄で行くより速いとかそこら辺の事情もありそう。

ただ、りんかい線の乗車区間が短くて、割安な東京メトロの乗車区間が長いので、運賃は新木場経由の方が安いとなるよう。微々たる差だが。

僕が復路でりんかい線新木場経由で帰ったのも運賃面でのメリットがあったからだが、その理由はそういうことだ。


次に有楽町~東京テレポートor台場or青海、ということでゆりかもめとの競合も考えた上で調べる。

これがけっこう意外な結果で、以下の4つのルートが時間的には30分前後と互角で並んだ。

  • 有楽町~(東京メトロ)~豊洲~(ゆりかもめ)~青海 : 412円
  • 有楽町~(JR)~大井町~(りんかい線)~東京テレポート : 432円
  • 有楽町~(JR)~新橋~(ゆりかもめ)~台場 : 452円
  • 有楽町~(東京メトロ)~新木場~(りんかい線)~東京テレポート : 462円

大井町経由が出てきたのはかなり意外だったのだが、いずれのルートも時間的にはほぼ並ぶという結果も意外だった。

なんかこうやって並べてみると大井町からのりんかい線が無難な気がする。

中央区・千代田区あたりからだとかなり複雑なようで、秋葉原界隈からだと有楽町線への接続が悪いので、

新橋からのゆりかもめ と 大井町からのりんかい線がほぼ互角で並び、運賃は10円差とかそんなんらしい。

なんか釈然としないけどね。地図を見ると江東区方面から行く方が近そうだけど、なかなかそうもいかんと。


地図上での距離と鉄道での所要時間・運賃が簡単には対応しないということで、なかなか複雑である。

埋立地は交通機関が限られるので、こういう難しさがあるよう。

バスがあれば最短距離で行けるんだけどね。例えば東京駅~東京ビックサイトとか。

バスだと均一運賃で206円ということで割安感もある。

ただ、東京駅あたりから台場・青海に行くバスというのは実はなくて、惜しいなとも思う。

もうちょっとバスの活躍の機会もありそうなもんだけどね。


そういえば、地図上での距離と運賃が対応しないと言えば、大阪の咲洲でも同じような話があったな。

といってもOTSが存在した時代の話だけど、

中ふ頭駅までコスモスクエア経由と行くのと、住之江公園経由で行くのだと、住之江経由の方がかなり安いという話があった。

なぜならば大阪港~コスモスクエア~中ふ頭は当時、市営ではなくOTSという別会社で、この区間で別に230円取られたから。

実は運賃面で一番有利なのはバスで、バス・バス乗り継ぎで梅田や難波から200円(当時)で来られたとかいう話もあるんだけどね。

ただ、そこまでケチるとさすがに時間がかかりすぎで、それでも朝潮橋から港大橋経由のバスに乗れば朝潮橋までの運賃+100円だから、

確実にOTS経由よりは安くて、所要時間もそこまで悪くなかったはず。使ったことないから知らないけど。

今はOTS区間も市営になったので、運賃面での差はなくなったので、住之江経由で入るのは本当にそっちが最短の人ぐらいになったはず。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/10(Fri) 23:50
交通 | Comment | trackback (0)

Tools