日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

芝公園と台場公園に行く

今日は東京に出かけていたのだが、途中、芝公園と台場公園に寄り道しながら行っていた。

さらに言うと芝公園まで行くまでの間に秋葉原界隈にも寄っているけど、それはいいや。


芝公園に行くために大門駅で降りた。

大門駅の由来となった大門ってなにか知ってますかね?

実は増上寺の大門のことで、大門駅は増上寺の最寄り駅の1つである。

なお、大門駅は浜松町駅との乗換駅なので、浜松町駅も増上寺の最寄り駅と考えてよい。

弘前からのノクターン号を浜松町で降りて、朝ご飯でも食べるかと西に歩いてたら、大門が見えてものすごく驚いたのを覚えている。

そして増上寺というと芝公園である。そして芝公園といえば東京タワーである。そうつながるのだ。


ともあれ、大門駅を降りて、大門をくぐって少し歩くと増上寺が見えてきた。

その背景には東京タワーがものすごい存在感である。景観的にはどうなのよというのはあるけど。

それにしても増上寺の建物はどれも新しい。古いのは三門ぐらいのもんだ。

後で調べて分かったのだけど、ほとんど太平洋戦争中に燃えちゃったらしく、それから再建したのでどれもこれも新しい建物なんだと。

そうはいうのだけど、徳川将軍家の菩提寺だったこともあるわけで、かなりの歴史を有する寺であることには間違いない。


芝公園というのは増上寺を取り囲むような形で存在しているのだが、いまいち連続性がない。

奈良公園のように社寺と公園が連続してなものを想像していたのだが、そうでもないらしい。

ともあれ外周を半周ほど歩くと高台の上に東京タワーが見えた。

東京タワーは今でも現役の電波塔で、テレビでは放送大学の本局(BSへの集約で廃止予定)としては現役で、

ラジオではTOKYO FMとInterFMと放送大学(同じく廃止予定)の本局として使われており、i-dioの本局にもなっている。

観光タワーとして食いつなげなければ生き残れない名古屋のテレビ塔に比べればまだなんとかなる。

ちなみに入場料はだいたい東京スカイツリーの半額で、高さが半分なら値段も半分ということだ。特別展望台にも登れる券もあるそうで。

今日は登らなかったけど、なかなかいいのでは?


芝公園から北に進み、東京放送局(JOAK、NHKの前身)発祥の地、愛宕山の放送博物館にも寄った。

この話はまた機会があれば書くか。

デカイ建物が見えたと思えば虎ノ門ヒルズということで、ということはここから新橋方面に伸びる道は新虎通りということだ。

立体道路入りの再開発ビル

そして新橋駅でゆりかもめに乗って、レインボーブリッジを渡り、お台場海浜公園駅で降りる。

ここからレインボーブリッジの方に戻ると、四角い島がある。

これが台場公園である。


お台場と言うのは江戸時代からあった言葉だ。

品川台場のことを江戸の人たちはそう呼んでいたそうだ。

品川台場というのは主に海上に作られた砲台で、黒船対策として江戸時代末期に作られた。

そのうち第三台場は13号埋立地と地続きになったものだから、公園として整備されたわけである。

そうやって生き残れたのはラッキーなもので、第一台場、第五台場は埋立地の中に埋もれてなくなり、第二台場は航路の邪魔だからと撤去された。

現存するのは台場公園として整備された第三台場とレインボーブリッジの下にある第六台場だけが現存している。

というわけで行ってみたのだが、驚いたのは台場の真ん中はへこんでいるということだ。

海に面した部分は土手で高くしてあり、その上に大砲を配備していたということだが、中はあえて高くしなかったのだろう。


今はお台場といえば13号埋立地のことを指す言葉になっている。

東京港の埋立地って島の名前が付けられることはあまりなくて、なんとも収まりが悪いのだが。

そもそも13号埋立地は江東区側の10号埋立地(有明)から埋立が進んできたという経緯があり、

順当に考えれば全域が江東区となるところなのだが、13号埋立地については港区に属していた三号台場とつながったから、港区と陸繋がりとも言えなくもなかった。

そして首都高速湾岸線の東京港トンネルで品川区とも早期につながった。

ということで、13号埋立地は江東区・港区・品川区に分かれて所属することになった。

そして港区は第三台場、第六台場ともども台場と町名を付け、江東区は青海という町名を付けた。

いつしかお台場という言葉は港区台場、さらには江東区青海、品川区東八潮を含めた13号埋立地全体を指す言葉となったそう。

歴史を踏まえた呼び名ではあるのだが、13号地全体まで広がったのはいいんだか悪いんだか。


ちなみに今日の目的地は青海なので、結局は江東区なのだ。

というわけで台場公園を散策して、フジテレビの横を通って、区界を越えて目的地に向かったとさ。

首都高速湾岸線を越えるために橋を渡るわけだけど、なんというか人工都市らしい作りだなと思った。

市街地にある都市高速では割堀に都市高速ということがまずあまりないからな。

そういうところだ。


Author : hidemaro
Date : 2016/06/05(Sun) 23:55
日常 | Comment | trackback (0)

Tools