日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

名無しの支線では困る

この前、上野東京ラインの話を書いてたときに思いだした話だけど、

JRってけっこう正式な名前の付いてない支線があるけど、実際にはなんしか名前が付いてるよね。


関西だと阪和線の鳳~東羽衣の支線、山陽本線の兵庫~和田岬の支線あたりがよく知られているけど、

それぞれ羽衣線、和田岬線と呼ばれることが多い。ただ、路線図には名前が書かれていないんだよね。

いくら短い路線とはいえ記載が省略されているのは正式な路線名がないからだと思うのよね。

JR以外でそういうことをやってるところはあまり見ない気はするけどね。


さて、思い出した話というのが東海道本線の品川~鶴見の支線(ただし鶴見駅にホームはない)のことだ。

川崎駅経由の本線に対して、新川崎駅経由の支線があるのだ。

この支線はもとは貨物線だったのだが、本線が逼迫していたので、横須賀線から東京方面へ走る列車を振り向けて旅客列車が走り出した。

なので、この支線を走る列車は基本的に横須賀線に向かう列車ということだ。

というわけでこの支線の駅は横須賀線の駅として理解されてきたようだ。


なんでこんな話を言い出したのかという話だが、以前、きっぷを買ったときに、

経由が「新幹線・品川・横須賀線・南武」となったきっぷが出てきたのね。

実はかなり予想外のルートだった。途中下車の予定もあったので、ルートを指定し直したんだけどさ。

ただ、もう1つ予想外だったのが、品川~川崎の支線を指して、横須賀線ってきっぷの経由に出てきたことだ。

横須賀線というのは正式な路線名としては、大船~久里浜の路線で、品川~川崎とは無関係だと思っていたから。

確かに「東海道・南武」では川崎で乗り換えるように見えてしまうから、なんらかの方法で支線経由であることを示す必要はある。

そこで取られた方法が横須賀線の名前を使うことだったらしい。

とはいえ、支線に武蔵小杉駅ができて、南武線と接続するまでは、本線か支線か区別する必要はさほどなかったようだけど。

通り抜けるならどっち通っても運賃一緒だしね。


もっとも、現在は横須賀線の列車だけが支線を走っているわけではない。

湘南新宿ライン系統の東海道本線の列車も支線を走っている。どうも大崎・新宿方面に分岐する線路は支線にしかつながっていないそう。

だから横須賀線と呼ばれているけど、本来の横須賀線に行かない列車も走るのだ。


東京周辺のJRの支線はいくつかあるが、名前がはっきりする路線とそうでない路線がある。

赤羽~大宮の東北本線の支線は赤羽線・山手貨物線(山手線)とあわせて埼京線と明確に名前が付いてる、

なぜ支線という体裁を取ったのかはようわからん。事実上、赤羽線の延長だし。

名前がはっきりしない支線というと、日暮里~王子を尾久経由で結ぶ支線、

各停の役目を果たす京浜東北線が田端経由の本線を走り、宇都宮線・高崎線の列車が支線を走る。

これはそんなに支線を意識するところでもないかと。

もう1つ、総武本線の錦糸町~秋葉原~御茶ノ水の支線だが、これはどちらかというと錦糸町~東京が支線のような……

元々、総武本線のターミナルは両国駅だった。そこから秋葉原・御茶ノ水に延長して都心進出を果たしたと。

ただ、総武本線に快速線を増やすときに、秋葉原駅の混雑緩和も兼ねて東京駅に乗り入れることになり、

本線を東京~錦糸町~千葉~銚子に改め、これまでの本線の一部を支線にしたと。

どっちも総武本線だけど、各停と快速でラインカラーも違うので案内上はそんなに困らないのだろう。


支線とかいわずに独立した路線名を付けたらよいものをと思う路線もあるけど、

総武本線の錦糸町~御茶ノ水の支線のように本線のルート変更で取り残された路線が支線という形で残るのはそんなに不思議ではないし、

別ルートが支線と位置づけられるのも、わからんではない。

実際、案内上は不便しないように工夫してますしね。

それにしても乗車券まで品川~鶴見の支線を横須賀線と表記してたのは衝撃的だったが。


Author : Hidemaro
Date : 2014/11/03(Mon) 18:37
交通 | Comment | trackback (0)

Tools