日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

映画館はライブビューイングもやる

今日は映画館に行ってきた。

映画館に行く理由なんて映画を見る以外に……これがあるんだなぁ。

別に映画のチケットを買いにだけ行ったとかそういうわけではないので念のため。


実はコンサートのライブビューイングに出かけてたんですね。

ライブビューイングというと、サッカーの試合やらを別の競技場に中継して流しているのが思い浮かぶ。

スポーツの試合の印象が強かったのだが、コンサートでもライブビューイングというのはあるというのもまず驚いたのだが、

そのライブビューイングの会場に映画館を使うというのは目から鱗だった。

確かにスクリーンも音響もあって中継された映像を流すにはもってこいだな。

今の映画館はデジタル化されているから、そこに通信衛星との接続を確保できればライブビューイングには対応できるわけだ。


今回のコンサート、会場が心斎橋とかだったら足を運ぼうとしただろうが、

そういうわけにもいかない場所で参加することは当初は全く考えてなかった。

ところがあまりの人気で会場からあぶれた人が続出となり、その救済のためかライブビューイングが実施されることになった。

大阪でもやるんかなー、とちょっと前向きに考えていたところ、その開催場所リストを見ると近所の映画館が入っててびっくりした。

え? なんでこんな映画館でやるの? と思った。近所でやるなら行くか、ということでチケットを買ってみたわけだ。


100人ぐらい入る比較的小さなスクリーンであったけど、それで半分ぐらい入ってたかな。

多くもなく少なくもなくというところ、予想通りということにしておこう。ガラガラも覚悟してたが、それはなくてよかった。

注意として「衛星との通信状況次第で音・映像が途切れることがあります」ということがかかれていたのだが、

映像は一瞬途切れることが数度あったものの、音声は途切れなかったので、及第点かな。

これは天候依存なのだけどね。雨雲があると通信が乱れやすいので。衛星放送で経験がある人も多いだろうけど。


会場でリアルタイムで起きていることを生で見られるというのはよかったなぁと思う。

実際に歌い、演じている姿が見られるのは価値があるなぁと思ったし、

コンサートだからできるおもしろいプログラムもあるだろうし。(今回はあまりなかったのでそこは残念だが)

会場に設置したカメラをうまく切り替えながら配信用の映像を作っておられたのだと思うけど、

客席からは見れない視点とか、このあたりはライブビューイングならではかなぁとも。

ただ、会場の一部を切り取った姿でしかないので、実際に会場に足を運ばないと感じられたいものもあるだろう。

そこはライブビューイングに参加したことで、かえって強まった感想でもある。


ライブビューイングをやるためにはカメラを設置しないといけないが、もともと映像化を想定しているだろうから、

カメラを設置するのは当然ということで、リアルタイムで切り替えながら配信用の映像を作る部分を追加すればライブビューイングに対応できる。

映画館は映画を流す代わりに通信衛星からの映像を流すだけでOK、ということでわりにやりやすい話ではあるのだろう。

こんな映画館でも? とは思ったが、夕方から夜にかけてというと休日とはいえ映画館も空き始める時間だろう。

そんな時間帯に十分な客入りが見込める映画があればそれを流した方がよいが、

そこそこ集客力のあるコンサートのライブビューイングをやった方がましという考えもあったのかもしれない。

実際、半分ぐらいは席埋まってたわけだからねぇ。小さなスクリーン1つ割りあてるぐらいは惜しくない話だわな。

映画館と主催者の取り分はどうなってるのか気になるところもあるのだが、お互いうれしい話なのだろう。


なかなか万能とはいかないものの、会場まで足を運べない、足を運ぼうとしてもチケットが手に入らない人にとっては朗報であるのは確かで、

キャパシティや立地といった物理的な限界を超える1つの方法ではあるのかな、と思った。

こればかりはどうにもならないところもあるからねぇ。ありがたいことですよ。


Author : hidemaro
Date : 2014/04/05(Sat) 23:25
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools