日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

食器洗い機で洗わない箸

初詣のとき、清荒神で祈念品として箸をもらったと書いた。(阪神間厄払いの旅)

もらったときにまず思ったのは、いい塗り箸だなぁ、これは使いたいなぁと。

けどもう1つ浮かんだことがあって、それは食洗機に突っ込んでいいものなのだろうかということだ。


自動食器洗い機を導入して長いが、なんでもかんでも洗えるわけではない。

その筆頭が弁当箱のシールブタだけど、これは耐熱性の問題で、食器洗い機では洗えないと明示されている。

なので、これだけは手で洗う必要がある。弁当箱もそれ以外はよいのだが。

それとは別の問題として、洗い物にキズが付きやすいという問題がある。

それでやられたのがガラスのコップだ。

食器洗い機を使うようになってから、細かい傷が付き、それがどんどん広がっていき、きれいな透明ではなくなっている。

ここは妥協が必要なところかと思うのだが、導入当初、ショックが大きかったことの1つだった覚えがある。

塗り箸も同様で、どんどん剥げていくので、あまり食器洗い機には適しない。

このあたりは説明書には使えると示されてはいるはずだが、実際のところは問題がある。


それで縁起物なのでぜひとも使いたいがどうだろうかと相談すると、食洗機はあかんやろねと。

やっぱりそうだよなぁ。剥げてしまうとせっかくの塗り箸が台無しだ。

議論の結果行き着いた結論は、どうしてもその箸を使いたいのなら、使う度に自分で手洗いすればよいということになった。

箸1膳だけのために個別に対応するのは面倒なので、そこは自分でやれということだ。

それぐらいならなんとかなりそうだ、ということでその箸を使い始めることにした。


そんなわけで毎食後、食器を流しに持って行って、箸だけその場で手洗いして、拭いて収納するようにしている。

なんとかなりそうだとはいいつつも、実際にそれでうまく行くかは自信はなかったのだが、

数日やっているが、流しに食器をもっていくついでにやるので、無理なくできている。

これならいけるだろう。


Author : Hidemaro
Date : 2014/01/05(Sun) 23:41
日常 | Comment | trackback (0)

Tools