日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

歯医者は多いらしい

昼過ぎ、検診の予約してた歯医者に向かった。

自転車で10分かからないから近いね。

見てもらったところ、虫歯はないが、親知らずの近くの歯茎の歯磨きは気を付けた方がいいと言われた。

なんともなくてなにより。


「歯医者の数はコンビニよりも多いから」とはうちの指導教員が時々言ってることだが、

実際どれぐらいの歯医者があるのか、簡単に調べてみた。

かかりつけの歯医者のある地域は人口14000人ほどだが、ここに歯医者は7つあるらしい。

それだけあると本当に歩いて行けるぐらいの距離で見つかるよね。

その範囲でもどこにしようかと迷うほどの人もいるだろう。

内科でもそうはいかんだろ。


医師と歯科医師は別の資格というのはよく知られたことだ。

確かに歯科は異質だろうが、眼科も同じぐらい異質な気はするんだけど、これは医師の資格だけあればOKなんだよな。

歯科医師は間違いなく歯の専門家であり、また口の専門家でもあるわけだから安心だ。

ちなみに口腔外科は歯科と医科の境界領域と位置づけられているようだが、

だいたい歯科医師が歯科口腔外科を掲げてでやってるみたいね。口のことはお任せということか。


もう1つ、歯科特有の資格というと歯科衛生士かな。

医師・歯科医師の診療行為の補助をするのは一般的には看護師だけど、

歯科では歯科衛生士も補助できる。実際に口の中を吸ってたのは看護師か歯科衛生士かわからんが。

予防処置は歯科衛生士単独で行うことができるらしい。というか元々予防処置を行う仕事だけだったのね。


ところで歯科衛生士って法律上では女性しかなれないことになってるらしい。

一応、歯科衛生師法施行規則で男にも準用するという決まりがあるので、実際には男でも歯科衛生士になれるし、少ないながらもいるようだ。

実態に即して法律を改めようという話も出ているようだ。法律を改めたところでなにも変わらんのだけどね。


歯医者が多いから歯科特有のことが多いのか、歯科特有のことが多いから歯医者が多いのかはよくわからない。

ただ、それなりに患者がいないと診療所はなり立たないはずなので、そこはちゃんと確保できてるんだろうな。


Author : hidemaro
Date : 2013/08/16(Fri) 23:08
社会 | Comment | trackback (0)

Tools