日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

TeXは本当によいものか?

指導教員からTeXの環境を整えて、盆までにA4 1枚程度、研究のことを書くようにと言われている。

TeXの環境を整えて書けるようになれということらしい。

しかし、基板間通信の確立という急を要する仕事もある。

それでも論理合成やらで待ってる間を使って、TeXの環境を整えていたのだ。


とりあえずTeXのインストールは便利なインストーラーがあるのでそれで。

TeXインストーラ 3 (あべのりページ)

これ走らせれば自動でインストール出来るから便利ですね。


ただ、実際にTeXでいろいろ書くことを考えると、TeX用のエディタが欲しい。

指導教員はWinShellを絶賛しておられたが、
「現在では主流ではありません。使っている人も少ないので、サポートも得にくいです。それでも使いたければ」(cf. WinShell (TeX Wiki) )
なんて書いてあったから、別の環境を使うことにした。

そこで選んだのがTexmakerだ。

インストールすればすぐ使える? と思ったけど、ちょっと設定が必要で、

Quick Buildを LaTeX+dvipdfm+View PDF にするぐらいはやらないといけない。

あとは文字コードはShift JISでも扱えるがUTF-8が推奨されるぐらいか。まぁUTF-8が無難よね。

これでQuick Buildとするだけで自動でコンパイル・PDFへの変換がなされて表示されるはず。


しかし、TeXってそんなに大切なもんかね。

指導教員も出来上がりが美しいというのを真っ先に挙げてたとおり、これは間違えなく優れているのだが、

しかし、WYSIWYGのエディタに比べると取っつきづらいし、作業してても思った通りのものができているかはコンパイルするまでわからない。

まぁTeX用のエディタだとシームレスにコンパイルして表示できるから、

書いてはコンパイルし、とやればいいんかもしれんけど、それでもめんどくさいよね。

エディタはいろいろ助けてくれるが、それでも編集するのはソースコードであって、作る文書そのものではない。


あともう1つの問題が実際の社会で使ってるところが限られること。

確かに論文を書くにはいいかもしれないが、汎用的に使うにはめんどくさいツールだ。

そんなんだから、誰が言ってたか忘れてたけど、研究室に1年しかいないならあえてTeXを教えるまでもない、なんて言ってた人がいたなと。

僕が愛用しているLibreOffice Writerでも、MS Wordでも論文は書けるのだから。

参考文献も図表番号の参照もちゃんと機能としてあるのだから使えばいい。

出来上がったものの細かい見た目にケチを付けられるかも知れないが、それなりのものはできる。


それが僕のTeXに対する思いなのだが、どうでしょうね?

かつて部の機関誌でTeXで書くことがあったので、TeXで書けと言われて書けないことはないし、

それなりにメリットがあることは経験的に知っているが、やっぱりLibO Writerが気楽に使えていい。

まぁ郷に入りては郷に従えという言葉もあるし、この世界の慣習だからと思って使えばいいんですけどね。


ところで、WYSIWYGエディタでも内部でTeXを使ってるものがあるという話を聞いたことがある。

それを使ってる人がいたんだけど、その人が使ってたのはLyXだったかな。

その人曰く、TeXのコードとしてよいコードを書いてくれるツールというわけではないが、

TeXのエンジンを使っているので出来上がりはよいとか、そんな評価だったと思う。

まぁ実際に便利かは使い方次第と思うけど、こんなツールも場合によっては使えるのかなと思った。

そうでなくてもエディタの補助機能は便利ですから、そこはうまく活用した方がいいのかなと。

特に表の作成がツールがないとめんどくさいという話は聞いたことがある。


Author : hidemaro
Date : 2013/08/08(Thu) 23:38
Windows・Microsoft | Comment | trackback (0)

Tools