日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

京滋バイパス vs 新名神高速道路

先日、こんなニュースがあった。

新名神の大津-城陽など2区間着工へ 国交省、凍結解除正式表明 (京都新聞)

高速道路のいくつかの区間で凍結されていた建設計画や4車線化を再開するという話である。


この中で新名神の大津~城陽・八幡~高槻の建設凍結が解除されることになった。

そもそもなぜこの区間は凍結されていたのか?

先ほどの記事を見るとわかるが凍結区間が建設されると名神高速道路・京滋バイパスと3本平行することになる。

いくらなんでもそれは冗長なので、第二京阪道路と京奈和自動車道を連結する役目のある城陽~八幡を除いて凍結されたという事情がある。

確かにこの主張は筋が通っているし、新名神の他の区間に比べて優先順位が低いことは事実だろう。


ところがこの京滋バイパスというのがくせ者だった。

京滋バイパスは瀬田東JCTで名神から分岐し、大山崎JCTで再び合流するのだが、このJCTの構造があまりよくない。(参考記事 : くるくるジャンクション)

さらに京滋バイパスの線形もあまりよくないわけで、名神高速道路の迂回路としてはやや不足があった。

また、亀山方面からの新名神と名神が接続する草津JCTから瀬田東JCT、名神と建設中の神戸方面の新名神が接続する高槻と大山崎JCTの間は名神の二重化ができていない。

特に大山崎JCT~高槻の間には天王山トンネルという渋滞スポットがある。

3本は冗長というのはもっともな話なのだが、京滋バイパスだけでは名神高速道路の二重化には不十分という、帯に短したすきに長しとでも言うべき状態であった。


それに追い打ちをかけてきたのが第二京阪道路の開業である。

第二京阪道路は阪神高速京都線と接続する巨椋池ICと近畿自動車道と接続する門真JCTを京滋バイパスと接続する久御山JCTを介して結んでいる。

第二京阪はかなり便利な道路で、名神で京都南ICを使うよりも京都駅や京都都心へスムーズにアクセス出来、
大阪都心へも近畿自動車道・阪神高速東大阪線を介してスムーズにアクセス出来る。特に難波界隈へのアクセスには向いている。

今後は阪神高速守口線が近畿自動車道に接続し、梅田界隈へのアクセスも第二京阪からのルートが優勢となる可能性がある。

この特徴を生かして、京阪バスが京都駅~松井山手駅や、京都駅~交野~OCATの高速バスを開設したのは以前話題にしたとおり。
(参考記事 : なかなか使えるちょこっと高速バス)

名神から第二京阪を使うためには京滋バイパスに入り久御山JCTで乗り換える必要がある。

これにより京滋バイパスで渋滞が発生することが増えた。そういう事情がある。


そんなわけで対策の必要性は十分あることはわかるのだが、そのために新名神を建設するべきかと言われると、冗長さは否めずうーんとなる。

このたび凍結解除されたことについての評価は難しいところである。

ただ、これにより名神高速道路の補完機能については確実に向上することだろうと思う。


もう1つ建設計画の凍結が解除されたのが名古屋第二環状自動車道の名古屋西JCT~飛島JCT、ここはいまいちわからんが。

4車線化が実施される区間については現状では渋滞が頻発しているところであるよう。

今回の事業費には高速道路会社から支払われた貸付料と支出の差の余った分を充てて実施される。

予想よりお金がかからなかったからその分で渋滞などの問題が生じている道路の改善をしようということですね。

このあり方がよいかというのは疑問だが、金さえ工面できればよいという面もあったのだろう。


新名神のこのたび凍結解除された区間ができるのはだいぶ先のことにはなるだろう。

まずは高槻~神戸ですね。これは2016年に開通する予定である。

この区間は渋滞の名所である宝塚東・西トンネルの迂回路ということもあって優先度が高かった。

完成すると京都より東から神戸JCT方面は新名神、大阪から神戸JCT方面は中国自動車道と役割分担できることになる。

一応大阪から新名神も箕面トンネルを通れば使うことができる。実際そんな利用があるのかはわからんけど渋滞回避に重宝されるか?

とりあえずはそこやわな。


Author : hidemaro
Date : 2012/04/07(Sat) 23:55
交通 | Comment | trackback (0)

Tools