日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

学会が研究機関の名前を略する

研究室に行って、さて今後の予定を整理するか、とやってたら恐ろしい事に気付いた。

とあるワークショップで発表せんかと言われてたのだが、これの原稿締め切りが来週金曜日と直前に迫っていた。

その前に岡山行きとインターンシップがあるからそれ終わってからやるかと思ってたのだが、こんなに接近してたとは。

というわけでこの週末は原稿書きでつぶれそう。

あと大学院進学関係のことも今月中に進めないと行けないことが多いので新学期早々忙しそう。


岡山でのポスター発表の申込みの時、発表者情報の入力で所属機関の略称を書く必要があった。

うちの高専の場合はそのまま ○○高専 でしまいなので、大した問題ではないのだが……

実際に岡山に行ってプログラムをパラパラめくってたら違和感のある略称も多数。

というわけでこのことを今日は話題にしようと思う。


この略称は一定の基準によって決まっている。

関係諸機関略称一覧 (電子情報通信学会)

大学の項目を見てみよう。

基本的なルールは ○○大学は○○大、○○工業大学は○○工大 とするなど。

例えば三重大学なら三重大と略すればよいわけである。

ところが何事にも例外というのは存在する。

まず、大阪となっているものは全て阪の一字に置き換える。これにより大阪大学は阪大と略することになる。

他の都市名ではことさらこのような事は定められていないから、東京理科大学はそのまま東京理科大と略している。

とはいえ個別で定められている分もあって、名古屋工業大学は上記ルールに沿えば名古屋工大となるところだが、名工大となるよう。

奈良先端科学技術大学院大学のようにとてつもなく長いところは例外で示して奈良先端大とするのは適当な措置だろうな。

京都工芸繊維大学も京都工繊大という略称は適当なものだろう。工繊大と略すると混乱が生じるだろうから京都は欠けないだろう。


結果的にはそれなりによく聞く略称に落ち着いているようにも見えるが、へんなものも存在する。

それが大阪工業大学の略称ですね。そのまま略すると大阪工大となるが、大阪は阪に置き換えるから阪工大となる。

あれ? と違和感を持つ人も多いことだろうと思う。

というのもこの大阪工業大学の略称としては大工大が一般的に使われている。

大学としてもこの略称が使われている事は認識していることがうかがい知れる。
(参考 : 本学のロボットプロジェクトチーム「大工大エンジュニア」が第11回レスキューロボットコンテストの予選を1位で通過しました!)

というのに意図しない略称が使われてることについて特に口出しをする人はいないのだろうか?

けっこう大阪工業大学所属の発表者多かったような気がするんだけどなぁ。


大学以外の略称を見てみるとなかなか柔軟だなという印象を受ける。

情報通信研究機構をNICT、宇宙航空研究開発機構をJAXA、日本電信電話株式会社をNTTと略するのは確かにわかりやすい。

混乱が生じないのが前提だが、大学の略称にも使えるんじゃないかね。奈良先端科学技術大学院大学の略称のNAISTとか。

このへんは発表者の所属する機関が限られるという事情もあるのだろうが。

ただ、その一方でカタカナで略しても長くなってしまう企業もあるようで難しいところ。


しかし大学の略し方は解せないなぁ。

そりゃ長いのは略しないことにはプログラムに収まらないんでガシガシ略していかないといけないけど、

大阪大学とか略せず書いても、奈良先端大だとか京都工繊大という長い略称よりも短いわけだし。

これをわざわざ阪大と略するのは知名度が高いからそれほど害はないにせよ、無駄な努力じゃないんかね。

阪工大という実感に合わない略称が生じるという副作用が生じてしまったわけだし。

逆に兵庫県立大学は略しても兵庫県立大としかならないが、県立の立を抜いたとしても理解できなくなると言うことはまずない。

長い名称であればあるほどプログラムに収まるかシビアになるので1文字でも減らせれば価値はあるかも知れない。


そんなことを岡山に行ったときに思ってた。

今度のワークスペースの発表申し込みではことさら略称は入力しなくていいようだが。


Author : hidemaro
Date : 2012/04/05(Thu) 23:35
学問 | Comment | trackback (0)

Tools