日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

お金交差点というべきSBI証券

昨晩、オークションでだめもとで入札したら、見事に落札できた。

ありがたいことだけど。

それでお金を振り込もうと思ったが、楽天銀行への振り込みなんで楽天銀行の口座に入金しに行ってきた。


ちょうど手元に銀行に入金しようと思ってたお金があったので、これをコンビニのATMで楽天銀行へ入金した。

楽天銀行はATMで入金・出金ともに手数料がかかる。3万円以上の入金は手数料かからないんだけどね。

手数料がかかる場合でも口座残高などに応じて無料回数があって僕は月1回無料なので、この入金は3万円未満だけど無料。

そんなに楽天銀行の口座へATMで入出金しないから無料回数を食いつぶすことはあまり気にしなかった。

ともかく入金できたら家に帰ってきて振込をした。


さて振り込む金額よりも多めにお金を入金したのだが、残ったお金は楽天銀行に置いといてもしゃあないので動かす。

どうやって動かすかというとSBI証券を使う。

SBI証券は即時入金サービスを提供していて、住信SBIネット銀行・みずほ銀行・スルガ銀行・三菱東京UFJ銀行・ジャパンネット銀行・三井住友銀行・楽天銀行・セブン銀行・ゆうちょ銀行に対応している。

スルガ銀行・みずほ銀行は事前の申込みが必要だが、あとはインターネットバンキングさえ使えればすぐに使える。

これを使って楽天銀行の残高をSBI証券の証券口座に動かすことが出来る。

SBI証券に入金されるというということはすなわち住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金の残高となる。

SBIハイブリッド預金にしておけば比較的よい金利で利息がつく。

普通預金に動かしておけばATMで引き出しもできる。


さらにSBI証券の出金先口座としてスルガ銀行の口座を指定してあるがここへの出金は無料でできる。

これにより回り回ってスルガ銀行の口座に残高を持ってくることが出来る。

このようにして口座振替にあわせてお金を移動させることもWeb上でできる。

こちらは即時とはいかないのだが、それにしてもATMに出向くことを考えれば楽な話である。


このようにSBI証券を中心にして手数料をかけずにお金を動かすことが出来る。

スルガ銀行の口座に入金するつもりだったお金を楽天銀行に入金し振込をして残りをSBI証券に入金しこれをスルガ銀行に出金すると。

ただ、先ほど述べたとおり楽天銀行は入金もATM手数料がかかる。

無料回数がない、もしくは食いつぶしてしまったときはどうするか?

3万円にすればいいんですね。というわけでスルガ銀行の口座か住信SBIネット銀行の口座からいくらか出金して3万円にして入金すればいいんですね。

これにより本当に手数料0円で楽天銀行で必要なお金を用意して残ったお金はよく使う口座へ持って行くと言うことができる。

3万円にするのはやろうかとおもったけどめんどくさかったからやらなかった。


しかし、これそもそもの問題は住信SBIネット銀行が振込手数料、月3回まで無料であるはずなのに、楽天銀行宛は対象外だったことなんですよね。

SBIから振り込めればすでに残高あったし楽だったんだけど、手数料かかるんだったらね。

手数料がかかる理由はおそらくは楽天銀行が他行からの振り込みについてキャッシュバックする、ゴールドラッシュプログラムをやってるからでしょうね。
ゴールドラッシュプログラム (楽天銀行)

面白いと思うけど、確かにSBIからしてみれば無料回数を食われるのはおもしろくないわけでこういう制限を設けているのはよく分かる話。

そうなら楽天銀行の口座を使って振り込むわとなるわな。

ATM手数料の問題があってあまり使ってないけど、オークションの人は好んで使っているようでやはり楽天銀行は捨てたもんではないなと思った。


Author : hidemaro
Date : 2012/04/02(Mon) 23:53
お金 | Comment | trackback (0)

Tools