日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

JavaScriptを有効にし、Cookieを受け入れ、以下のブラウザを使うことで完全なコンテンツが楽しめます。
Mozilla Firefox 3.0(Get Firefox)・Opera 9.6・Safari 3.2・Lunascape 4/5(Gecko)・Lunascape 5(WebKit)
Internet Explorer 7/8とそれを使うIEコンポーネントブラウザ(Lunascape・Sleipnirなど)

交通費を返してもらうのがめんどくさい

先日、学校の用事で大阪に行ってきました。

その交通費は学生会から支払われるのですが、きっぷや領収書などを持ってくることが条件。

まぁ正直めんどくさいわな。


KNTで近鉄のきっぷを買うとき、地下鉄できっぷを買った後にいちいち領収書を書いてもらった。

ちゃんと地下鉄の改札にも領収書の用紙は置いてあるので言えば書いてくれます。

まぁ学生会に請求することに限れば使用済みのきっぷを持ち帰ればよいだけなのですが。

しかし領収書ときっぷが混在しているのもあれなので、全部領収書を書いてもらっている。

最近は自動券売機で領収書を発行できるようにしている会社もあるそうです。

JRならみどりの券売機で買えば簡単に領収書が出せましたね。

こういう場合は楽ですよね。こういう仕組みを搭載してくれたら楽なんですけどね。


それはそうとして、果たしてこのようにきっぷや領収書を提出させる必要があるのだろうかという疑問がある。

さっき示した通り、交通費で領収書をもらうのはとてつもなくめんどくさい。タクシーは領収書もらうのが普通だけどさ。

そんなわけで必要経費の計算には交通費は領収書なしで帳簿に記録するだけで入れているようだ。

何日にどこどこに行くためにどこからどこまで何円払ったとかそういうことだけ書いているわけね。

我々に身近なところでも、医療費控除の対象になる通院のための交通費は電車・バスなら領収書無しで計算にいれてよいようだ。

これが税金関係の話。


学生会としても乗っていないものの交通費を払うことは出来ないのだろう、だからこういうものを提出させているのだろう。

しかし、これは相当めんどくさいそうだ。特に会計がね。

各人の交通費を合計して、そして立替払いの請求をしないといかんので。

しかも、参加者全員のきっぷや領収書が集まるまで請求できないのでやたら時間がかかる。

去年は10月頃のイベントの交通費が出たのが、翌3月とか恐ろしい事になってしまった。

こりゃいかんでと。


僕は、学校の最寄り駅からの最も安いルートの運賃を一律に参加者に渡せばいいと思うんだけどね。

僕の普段のルートはそれよりちょっと高く付くが、これは便利なルートを選択したためで、

もちろん最も安いルートを選択することは出来るから特に問題ではない。

なので、今まで必要以上に高いルートを選択していた人がいれば節約になる。

自宅が学校よりも会場に近い場合、受け取る運賃より実際に払う運賃は少ないが、

そんな人は数も知れてるし、それならめんどくさいし払ってしまえと。

この場合、参加者名簿をもとに請求すればいいから事務手続きもたいへん簡単。


まぁしかし交通費がでるだけましという見方もある。

とりあえずすぐに領収書は出してきたので、早く帰ってくることを祈るしかないですね。

まぁじきにかえって来るさ。


Author : hidemaro
Date : 2010/06/16(Wed) 23:57
買い物・消費 | Comment | trackback (0)

Tools