日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

シンガポールに到着していろいろ

シンガポールに到着しましたが、インターネットには残念ながら繋げない。

というのも有料で、その値段がかなり高いから。

指導教員に相談すれば、学校で繋げるんじゃないの? と言われたので繋がないことにした。

というわけで下書きだけ書いている、シンガポール時刻(UTC+8)で22時ごろ。


はて、飛行機ですが、予想以上に快適でした。

エコノミークラスというとすし詰めなイメージしかなかったのだが、案外ゆったりしてた。

空を飛んでるので揺れも少ないですから、東明ハイウェイバスより快適な気もした。

乗務員の方々も丁寧で、特に着陸前に安全のためにリクライニング戻せとかいろいろチェックしてたのが印象的だった。

そんなこんなでシンガポールのチャンギ空港に到着して、無事入国できました。

そして100S$をATMで引き出した。さて、何円だったでしょうか。インターネットつながらんからわからんわ。

ただ、到着した空港のレートもかなりよく、1S$が65.5円とか言ってたから、えらいもんだなと思った。

まぁこの程度なら現金両替してもよかった気もするが、ちょびちょび引き出せるのがATMの醍醐味ですからね。


ホテルですが、Swissotel THE STAMFORDという、大変すばらしいホテルです。

入ったらこりゃ広いと思ったもの。

高層階ならかなり眺めも良さそう。10階だから驚くこともないけど。

ところでSwissotelって難波にもありますよね。南海のホテルなのですがSwissotelの力を借りて強化したような感じ。

元々はいかにも南海らしいホテルの名前だったはず。


さて、晩ご飯を食べましょうとなって、Newton Food Centerへ行った。

そのためにはMRTに乗らないといけない。MRTは地下鉄ですね。

Mass Rapid Transitの略なので日本語で言うと都市高速交通、すなわちは地下鉄とかのことですわ。

これに乗るために切符を買うわけですが、お金が入らない。お札は5$までしか入らないと。

というわけで窓口で両替してもらうことに。というか地元の人も両替してもらってるし。10$すら入らないのはつらい。

切符が出てきたわけですが、再利用する切符らしい。後で券売機に入れると1$戻ってくるようになってる。


席を取り囲むようにお店があるフードコートですわ。

ここで注文して食べると言うことをやっていたと。

結構気楽なもんで、メニュー見せてもらって「This one please.」とか言えば買えますからね。

値段の表示もちゃんとされてるのでやりやすい。

値段も手頃でビーフンのが4$とか。8$で十分だった。


食べ終えて電車で戻るときに、指導教員からezlinkのお誘いを受けた。

これはシンガポールの公共交通のICカードのシステム。便利ですね。

というわけで15$で購入、5$はカード代のようで10$チャージがあると。

さて乗って降りてびっくり、行きの運賃より安い。ICカードは割引の対象のようです。

こういうのはいいですね。

まぁICOCAみたいに改札内にチャージ機があったりしないので用心せなならんけど、便利ね。


そんな1日目でしたが、明日はテマセクポリテクニクに行きます。

ぜひとも仲良くなりたいですね。だって明後日はその学生さんたちと観光なんだから。


Author : Hidemaro
Date : 2010/03/23(Tue) 14:05
記録 | Comment | trackback (0)

飛行機で行くシンガポール

明日は記事を投稿できるかわからないので出発前に予約投稿しておこうと思う。

というわけでさっきの記事を書いた直後に書いてる。


さて、関空からシンガポールへ行くにはシンガポール航空しかございません。

かつてはJALの便があったはずなんだが、今は無いみたいね。

というわけでシンガポール航空に乗っていくことになります。

たいへんサービスについて評判の高い航空会社らしい。

そりゃすばらしいな。


このシンガポールという都市国家は淡路島ほどしかないので、まぁ航空需要も高々知れてるとか。

そこで乗り継ぎに使ってもらいやすいようにいろいろ考えられてるらしい。

父がかつてマレーシアに出張に行ってたとき、JALがシンガポール経由でクアラルンプールに行く便を出してたらしい。

これがかつてあったはずのJALのシンガポール便のこと。

このときシンガポールでは一旦降ろされる。そして乗り継ぎの人と同じようにターミナルビルで待って出発することになる。

そんなわけで乗り継ぎ体験を聞いたわけだが、たいへん乗り継ぎの面では充実した空港らしい。


実際の空港はどんなもんか、僕はこの記事を書いているときには見ていないわけだが、ぜひ注目したいところ。

もっとも詳しく見れるのは帰りになるんだろうけど。


そんなシンガポールへの飛行機ですが、寝たいですね。

というのも6時ごろに家をでないといかんもんで、そうなると5時に起きなならんのよ。

そうなると眠いでって。果たして同行者が寝させてくれるかどうか。

楽しい旅になりますように。


なお、旅行先のホテルにはインターネット接続環境があるようなので更新はできるはず。

できなかったら書き溜めして、帰ってきてたらPostすることにしよう。


Author : Hidemaro
Date : 2010/03/23(Tue) 09:00
記録 | Comment | trackback (0)

Tools