日記帳だ! with Tux on Libserver

二度目の大改造!! 日記帳…か?を継承し、より柔軟でパワフルなBlogに変身しました。

RSSに対応しています。リンク・コメント・トラックバックは自由にしていただいてほぼ問題ありません。
RSS購読方法、僕のリンク・コメント・トラックバックについての考えを読むことをおすすめします。

シンガポールドルの入手方法を考える

やっと旅行のしおりが届いた。それを見ると関空には9時集合とある。

そのためにはどうすればいいかなと調べると6時ごろに出ればいいことが分かった。

結構早いね。1本分のゆとりを持たせたことと、難波での乗換の時間のせいですね。

難波で近鉄から南海というと端から端まで移動せなならんからね。(JR難波~南海難波よりかはましだが)

同行者も近所からこの電車に口コミで固めていこうかなと思った。


さて、シンガポールに旅行をするなら考えないといけないことがある。

それはお金だ。あたりまえだがシンガポールで流通してるのは円ではない。

シンガポールドルというそうです。記号はS$かな。

1シンガポールドルはだいたい65円のようです。

とはいうものの現実には65円では1シンガポールドルを用意することは出来ない。

それは両替手数料かな。


例えば、関西空港駅にあるトラベレックスでは日本円からシンガポールドルのレートは71円ぐらいする。

結構高いよね。大体どこもそんな感じらしい。

まぁそうでもないとやってられんという面はあるんだろうが、もうちょっとどうにかならんのかというのはある。

両替を行う銀行・両替商により異なるところはあると思うが、まぁあまり期待できないのも事実かな。

あとこれは日本円からシンガポールドルの事情であり、再両替はあたりまえだがまた手数料がかかる。

というわけで再両替もさけたい。すなわち使う分ぴったり両替したいということだ。


これについて父に相談すると、たりなくなればホテルにたのんで両替してもらうのも一つの手だという。

レートは多少悪いがそれでも再両替よりかは効率がよいと。

まったくな話。小口で用意できるのが一番良い。

いくらか円で持参して必要に応じて両替するというのも1つの手ではあるわな。


といろいろ、調べていてふと気付いたことがあった。

それはVISAデビットですね。実はVISAの機能だけではなくPLUSという国際ATMネットワークでお金を引き出すことができるんですよ。

もちろん現地通貨で。これはどうだろうかとちょっと考えてみた。

まずレートですがVISAインターナショナルの定めるレートの1.63%増しとある。

これはPLUSでの利用に限らずVISAでの決済にも適用されるレートで一般のクレジットカードと概ね一緒。

VISAインターナショナルのレートというのは手数料を含まない正味のレートのようでこれを65円として考える。

そしてこれの1.63%増しを考えると66円ほどでかなりレートはいい。

ただし引き出し手数料が210円かかるのでこれも考慮すると42シンガポールドル以上引き出せば手数料より得するらしい。

100シンガポールドルで6500円ぐらいなので、このくらいを単位に引き出すことになりそうだし、そう考えると全く問題なさそう。


とはいえATMがあるかが問題だ。

例えば日本の場合PLUSに対応したATMはかなり少なく、ゆうちょ銀行・セブン銀行・シティバンク銀行・新生銀行ぐらいのもの。

シンガポールではどうなのか気になった。

いろいろ調べてみるとシンガポールにはDBS銀行という大変有力な銀行があるらしい。

この銀行のATMはいろんなところにあるらしくて、チャンギ空港の全ターミナルの到着ロビーにあったりするほど。

さらに泊まるホテルの建物の中にもあったりするのでかなり便はよい。あと年中無休24時間ATM使えるらしい。すごいね。

問題はここのATMがPLUSに対応してるかだが、Googleでイメージ検索したらATMの画像にPLUSマークがあった。

あとPLUSを使えるATMリストにもDBS銀行のATMがいくらか挙がってたのでいけそうね。


とはいえ、団体行動の中でATMに赴くことができるのかと言われるとようわからん。

ちょっとこのことは指導教員とも相談してみることにしよう。

まぁうまくいかなかったときのために現金も円で持って行けばいいかなと思う。

結局困ったときに役に立つのは現金だったりするからね。

地元におれば現金を入手するための方法なんてのはわかってるけど旅行先ではなかなかね。

円でいいのかよってのはあるけど、まぁ大丈夫だと思いますよ。


Author : Hidemaro
Date : 2010/03/15(Mon) 23:52
お金 | Comment | trackback (0)

Tools